OnePlus Nord CE 5Gセール。SDM750G搭載、90Hz AMOLEDに4500mAhバッテリーで約170g

この記事の賞味期限は切れています。掲載内容や情報が古い可能性があります。

OnePlus Nord CE 5Gセール。SDM750G搭載、90Hz AMOLEDに4500mAhバッテリーで約170g

OnePlus Nord CE 5GがAliExpressにてセール中です。


ミドルレンジでも90Hz AMOLED

OnePlusといえばハイエンドスマホが人気ですが、OnePlus Nord CE 5GはSnapdragon 750Gを搭載したミドルレンジスマホです。

OnePlus Nord CE 5G
OS Android 11
RAM 6GB/8GB/12GB LPDDR4X
ストレージ 128GB/256GB UFS2.1
プロセッサ Snapdragon 750G
ディスプレイ 6.43インチ FHD+ 90Hz Fluid AMOLED
サイズ 159.2 x 73.5 x 7.9mm
重さ 約170g
SIM nano SIM + nano SIM
メインカメラ 64MP + 8MP (超広角) + 2MP (モノクロ)
フロントカメラ 16MP (Sony IMX471)
バッテリー 4500mAh
USB端子 USB Type-C (USB2.0)
バンド GSM: 850, 900, 1800, 1900
WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
LTE-FDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
LTE-TDD: B38/39/40/41
NR NSA: N1, N3, N5, N7, N8, N20, N28, N38, N40, N41, N77, N78
NR SA: N1, N3, N7, N28, N41, N78

8GB + 128GB / 12GB+256GBの2種類があり、カラーは黒・青・白です。

メモリはLPDDR4X・ストレージはUFS 2.1です。

最新規格ではないものの、普段使いには十分な速度を出してくれます。

Nord CE 5G

6.43インチ 2400×1080 解像度、410ppiのAMOLEDディスプレイを搭載しています。

90Hzリフレッシュレートに対応しており、滑らかな表示が可能です。

アンビエントディスプレイ (AOD) も標準搭載しており、画像を線画にして表示させる機能もあります。

AMOLED

ミドルながらも多バンド対応で、

  • GSM: 850, 900, 1800, 1900
  • WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19
  • LTE-FDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/66
  • LTE-TDD: B38/39/40/41
  • NR NSA: N1, N3, N5, N7, N8, N20, N28, N38, N40, N41, N77, N78
  • NR SA: N1, N3, N7, N28, N41, N78

とプラチナバンドも含んでいます。

5Gの対応バンドも多めで、色々な国に旅行できるようになれば役立ちそうです。

5G

OnePlus Nord CE 5Gのバッテリーは4500mAhと大容量ながらも、重さは170gと比較的軽めです。

USB Type-C・Warp Charge 30T Plus(5V/6A)での充電に対応しており、30Wでの急速充電ができます。

画面内指紋認証センサーを搭載しています。

3.5mmイヤホンジャックもあるため、有線イヤホンを変換アダプターなしに利用できます。

バッテリー

OSは普通にいつも通りのOxygenOS・Android 11なので特に戸惑う部分はないと思います。

もちろんグローバル版なので日本語やPlayストアも最初から対応しています。

Android 11

OnePlus Nord CE 5GはAliExpressにてクーポンを取得することで$307 (約3.4万円) ~で購入できます。

そこそこの性能さえあればいい、軽くてバッテリーが大容量なスマホが欲しいという方におすすめです。

OnePlus Nord CE 5Gを購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。