ChromePie – Google Chrome (Beta含む)にパイ操作を追加する

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Google ChromeとGoogle ChromeBetaにパイ操作を追加する
Xposedモジュール、ChromePieを紹介します。



ChromePieはXposed Module Repositoryでダウンロードできます。
有効にして再起動し、ChromePieを開くとパイの設定画面が開きます。

「Add new slice」でスライス (最初の画像の+、Xなどのアイコンがある場所)を追加します。
Slice (数字)をタップしてPie Item (数字)をタップすると、そのスライスでどの動作をするか選べます。
設定が終わったら、「Restart Chrome」でChromeを再起動してください。
パイを出すトリガーとなる部分はデフォルトでは左右両方になっていますが、
LMTなどと重なってしまう場合などは「Trigger Side」で変更すると良いと思います。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。