XZDualRecoveryのリカバリ選択のバイブを無効化する

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

多くのXperiaをサポートしている、XZDualRecoveryをインストールした後は
起動時に毎回LEDと一緒にバイブが動作するようになります。
どのリカバリを起動するか選ぶ操作をいつすればいいか教えてくれるものなのですが、
LEDだけで十分ですし、机の上に置いているときなどはうるさくなってしまいます。
そこで、起動時のバイブを無効化する方法を紹介します。



XZDualRecoveryのページからzipをダウンロードして、zipを開きます。
flashableなら/system/bin、installerなら/filesにある「dualrecovery.sh」をテキストエディタで開いて、

echo 150 > /sys/class/timed_output/vibrator/enable

を探します。
四つあるので、全て

echo 0 > /sys/class/timed_output/vibrator/enable

にするか削除します。
保存して上書きし、インストールすればバイブを無効にしつつXZDualRecoveryを使えるようになります。
アップデートするときは毎回これをしないといけないので、
dualrecovery.shを書き換えられるスクリプトを作ると良いと思います。
(私はXZDualRecoveryではなくカーネル内蔵のリカバリを使っているので書きませんが)


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。