新Xperia、Kugoのグローバル版がFCC通過。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

新Xperia、Kugoのグローバル版がFCC通過。

Snapdragon 650 msm8956を搭載すると思われる未発表のXperia、コードネームKugoのグローバル版がFCCを通過しました。


FCC IDはPY7-14784Z

Kugo Gina (Gina=グローバル版) のFCC IDはPY7-14784Zで、バッテリー容量が2,700mAhであることなどが明かされています。

Kugoはdocomo向けにも開発されている未発表のXperiaで、Snapdragon 820 msm8996を搭載したもう一つの未発表のXperia、コードネームKaguraと同時に発表される可能性があります。

KugoはSnapdragon 617 MSM8952を搭載する端末です。

Kaguraは5.2インチディスプレイのため、Kugoはコンパクトで価格を抑えたモデルとして販売されるものと思われます。Kaguraはdocomo以外にもau、SoftBankからも発売される予定で、現時点ではSoftBank向けモデルである601SOが国内でテスト中であることが分かっています。

9月の発表が楽しみですね。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。