Unbounce でウェイクロックやアラームの実行間隔を変更する

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

以前紹介したNlpUnbounceですが、その後アップデートされてUnbounceに名前が変わり、
NlpWakeLockなど以外のウェイクロックやアラームの実行間隔も変更できるようになりました。



UnbounceはXposed Module RepositoryとPlayストアでダウンロードできます。
Unbounce | Xposed Module Repository
Unbounce Xposed
制作: Ryan Steckler
価格: 無料
平均評価: 4.3(合計 552 件)

posted by: AndroidHTML v2.3

有効にして再起動した後Unbounceを開くと、このような統計が表示されます。
(初回はポップアップが出ると思います)

「端末の統計」(自分の端末での情報)や「全体の統計」(Unbounceユーザー全体の情報)の下にある
「サポート」で寄付をするとPro機能である、「NlpWakeLockなど以外の
ウェイクロックやアラームの実行間隔の変更」ができるようになります。
$1、$5、$10の三つから選べますが、どの金額でもPro機能が解放されます。
左上のメニューボタンをタップしてメニューを開くと
ウェイクロック、アラーム、設定を選べます。

まずはウェイクロックです。
ウェイクロックとは、特定の動作をするために
端末をスリープしない (CPUを動作させる)ままにするものです。
Unbounceでは、このウェイクロックが実行される間隔を好きなように変更できます。

左側に書かれているのが発生した回数です。
右上のボタンで回数順と時間順に並び替えられます。
基本的には「安全にUnbounce可能」と書かれた所にあるウェイクロックを変更すると良いです。
それ以外を変更するのは、それが何のためのウェイクロックなのか分かっている場合だけにしてください。
ウェイクロックの名前をタップすると、許可する間隔を変更できます。
まず「設定」のスイッチをオンにしてください。
デフォルトでは240秒毎になっていますが、好きな時間にも変えられます。

アラームも同様です。

「設定」は何故か翻訳できないので英語です。

「Show luncher icon」のチェックを外すとホームアプリにアイコンが出ないようになります。
「Choose theme」ではアプリのテーマを選べます。
「Participate in Global Stats」にチェックを入れると、
最初の画面の「全体の統計」のための情報を送信するようになります。
ウェイクロックやアラームの間隔を全て元に戻したいときは、
「Reset to defaults」をタップしてください。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。