Qualcomm® IZat™で位置情報取得を高速化できる…かも

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

SOL26のFTFを手に入れられた (ひろあきさん、ありがとうございます)ので中身を見てみたところ、
Qualcomm® IZat™を有効にできるという「xtra_t_app.apk」がありました。
deodexしてインストールしたところ、サービスとして動作し設定にも表示されたので紹介します。



リカバリでインストールできるxtra_t_app.apkのzipはここからダウンロードできます。
[追記]
system/etc/izat.confの
NLP_WIFI_LISTENER_MODE = を3に、
QUIPC_ENABLED = を1に、
NLP_MODE = を3にそれぞれ変えないといけないかもしれません。
また、build.propの
ro.qc.sdk.izat.service_mask=0x0
を0x1に書き換えてください。
インストールすると、設定→位置情報→位置情報モードに
「位置情報取得の高速化」オプションが追加されます。

オンにしようとすると、このようなダイアログが表示されます。

リンクされている利用規約およびプライバシーポリシーによると、
付近にある携帯電話の中継塔やWiFiホットスポットの情報を
Qualcommのサーバーからダウンロードして位置情報を素早く正確にする、というもののようです。
ジャイロスコープや加速度計などのセンサーも使うそうです。
Googleの位置情報サービスと似ていますが、どう違うんでしょうか…。
実際効果があるかは分かりません。



コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。