Xperia X CompactのBattery Care (いたわり充電)を移植してみた

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

いたわり充電

Xperia X Compactに搭載されている、バッテリーの劣化防止機能、Battery Care (いたわり充電)を移植してみました。


Battery Care (いたわり充電)とは?

いたわり充電
いたわり充電

電池の寿命を延ばすために、充電中に充電量が90%を超えている時間帯を短くする機能です。
まず、習慣的に充電器に長く接続している時間帯を見つけます。その習慣から充電器が取り外される時刻を予想し、その時刻に100%になるように充電速度を調節します。

習慣を見つけられない場合、習慣から外れた充電をした場合、いたわり充電を行いません。

という説明の通り、満充電になる時間をできる限り短くすることで、バッテリーの劣化を抑える機能です。

いたわり充電をしている時は通知が出るようですが、まだ動作確認ができていません。

ダウンロード

ダウンロードはここからできます。
インストールにはroot化が必要です。

インストールする際は、

adb push SmartCharger.apk /data/local/tmp
adb shell
su
busybox mount -o remount,rw /system
mkdir /system/priv-app/SmartCharger
chmod 755 /system/priv-app/SmartCharger
dd if=/data/local/tmp/SmartCharger.apk of=/system/priv-app/SmartCharger/SmartCharger.apk
chmod 644 /system/priv-app/SmartCharger/SmartCharger.apk

といった風にしてください。

デフォルトでオンになっていますが、Nova Launcherのアクティビティなどで「いたわり充電」を開けば、スクリーンショットのような設定画面を出せます。

本来は設定から移動できるのですが、X Compact以外でしようとするとSettings.apkの編集が必要です。

効果の程は不明ですが、しばらくオンにして使ってみます。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。