TWRPが2.8.3.0に、ついに日本語表示に一部対応!

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

人気リカバリ、Team Win Recovery Project (TWRP)が2.8.3.0にアップデートされました。
2.8.1.0で初めて対応したTrueTypeフォントでUnicode文字の表示にも対応されています。



主な更新内容
  • MTPのバグ修正と改善 – ストレージのルートにzipをコピーできるようになりました
  • MTPを無効にしたとき、ホストPCに接続が解除されたと伝えるようにした
  • MTPで大きなサイズのファイルを転送するときのバグを修正
  • Fix permissions機能を更新/改善し、contextsの修正は任意にした
  • TWRP内蔵SuperSUを2.40に更新した
  • AArch64で動作するようにした (Nexus 9向け)
  • Androidでバックアップが表示できるよう、権限を修正
  • 一部の端末でのMTP開始時のカーネルパニックを修正
  • True TypeフォントでUnicode文字にも対応
  • バイブ設定でスライダーの値が表示されないことがある問題を修正
  • 正しいUSB IDをセットするため、adb sideload使用時にはMTPを無効にするようにした
  • その他のバグ修正と改善

日本語などもUIに表示できるようになりましたが、
ファイルリストなどでは文字化けしたままです。
Z2向けXZDRで使えるようlzma圧縮したTWRP 2.8.3.0はここからダウンロードできます。
日本語表示が出来るようになったため、
TWRP Materialisedをベースに日本語化したテーマを作ってみました。
仕様上画像内に文字が書かれているものが多いので、
日本語化できているのはメインメニューと設定ぐらいです。
 
ここからダウンロードできます。 (FHD端末用)



コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。