パズドラ起動時のroot対策を回避

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

大人気パズルRPG、パズル&ドラゴンズ (パズドラ)は過去にroot化したユーザーに
不正行為をされたためかroot化していると起動出来ないようになっています。

root化対策がされていると言ってもsuファイルがあるか、superuser.apkがあるか
など単純なチェックなのでTaskerで自動的に回避させると便利です。
(ここではパズドラを対象にしていますが、他のroot対策されたアプリにも応用できます)

追記:
パズドラの場合この方法より安定して起動出来る別の方法があります。
このページで紹介しています。

まずプロファイルとタスクのXMLをここからダウンロードしてください。
SDカードにコピーしてTaskerでProfileタブを長押ししてImport→パズドラ終了時rootを選び、
Tasksタブでも同様にしてパズドラ、パズドラ終了の二つをインポートします。

タスクの「パズドラ」は
su -c busybox mount -o rw,remount /system
su -c mv /system/xbin/su /system/xbin/sx
sx -c mv /system/app/Superuser.apk /system/app/Superuserr.apk
sx -c busybox mount -o ro,remount /system
としたあとパズドラを起動します。
「パズドラ終了」では上記の変更を元に戻します。
※他のフォルダにもsuがある場合は上記を参考に追加してください。

プロファイルの「パズドラ終了時root」はパズドラを終了したときに
自動で「パズドラ終了」を実行するものです。
自動でしてほしい場合はONにしてください。

ホームにTask Shortcutで「パズドラ」を選んでショートカットを作成すれば完了です。
このショートカットをタップすればパズドラを起動出来ます。
ただ、少し不安定なようで起動出来ないことがあるのでそのときは再起動してみてください。

このほかにも様々なことができる便利なアプリ、
Taskerは現在セール中で、249円で購入できます。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。