BL Lockedの5.0.2 LollipopでXZDualRecoveryを動かせる方法

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Android 5.0.2 LollipopではSELinuxが強力になり、従来の手法では
XZDualRecoveryをうまく動作させられない状態になっていました。
このSELinuxによる制限を回避できるツールをzxz0O0氏が公開したため、
Bootloader lockedの環境でもXZDualRecoveryを動作させられるようになったそうです。



ダウンロードするもの
byeselinux.zip
XZDualRecovery (***-lockeddualrecovery2.8.3-RELEASE.installer.zip)
1. USBデバッグを有効にして、端末をPCに接続する
2. byeselinux.zipを解凍してbye.batを実行する
カーネルモジュールが/system/lib/modules/mhl_sii8620_8061_drv.ko
としてインストールされ、SELinuxの制限を回避できるようになります。
3. 再起動後、XZDualRecoveryをインストールする
4. 完了
LockedでもUnlockedでもリカバリが動作するようになったので、
後はXposedがブートループにならずに使えるようになれば完璧ですね…。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。