Xperia X PerformanceでもMultiROMが利用可能に

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Xperia X Performance

複数のROMを切り替えて起動できる、MultiROMがXperia X Performance F8131/F8132に移植されました。


ダウンロード

ダウンロードはxdaでできます。
Downloadsのリンク先からmultirom-20161008-v33x-dora.zipとmultirom-20161008-recovery-fota-dora.zipをダウンロードしてください。

multirom-20161008-recovery-fota-dora.zipからtwrp.imgを取り出し、fastboot modeでfastboot flash recovery twrp.imgと実行してリカバリ領域に焼きます。

TWRPを起動してmultirom-20161008-v33x-dora.zipをインストールするとMultiROM環境の完成です。

なお、MultiROMの起動メニューでタッチ操作するには、カスタムカーネルが必要です。AndroPlusKernelではv09から対応しています。

MultiROM TWRPでのバックアップが必須?

MultiROMではZIPやバックアップをセカンダリROMにできるのですが、私の場合、通常のTWRPでバックアップしたものはセカンダリROMにしようとしてもエラーでできませんでした。MultiROM TWRPでバックアップするとうまくいきます。

AOSPをセカンダリROMにして起動することもできたそうなので、今後のROM開発の大きな助けになりますね。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。