11/2国内発売、Xperia XZと前機種とのソフト面での違いとは?

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

11/2国内発売、Xperia XZと前機種とのソフト面での違いとは?

いよいよ11月2日に国内発売されるXperia XZとXperia X Compactですが、XZの前機種であるXperia X Performanceとの違いを主にソフトウェア面から紹介したいと思います。


グローバル版はデュアルSIMの場合64GBストレージ

グローバル版はすでに発売されていて、デュアルSIMモデルのF8332の場合はシングルSIM版や国内モデルと違い、内部ストレージが64GBに増量されています。国内モデルでも64GBになればいいのですが…。

排他トレイ
排他トレイ

ハード・ソフト両面で強化されたカメラ

Xperia XZではレーザーAFセンサー、RGBC-IRセンサーを搭載することで暗い場所でのフォーカス速度やホワイトバランスが改善されています。カメラの設定からタッチでその場所にフォーカスして明るさを調整する機能が追加され、より綺麗な状態で写真を撮影できます。なお、追尾フォーカスとタッチでフォーカスと明るさを調整する機能は併用できませんでした。

明るさもタッチ調整
明るさもタッチ調整

マニュアルカメラではホワイトバランス、露出に加えシャッタースピードやフォーカス調整もできるようになっています。CMOSイメージセンサー、レーザーAFセンサー、RGBC-IRセンサーの3つのセンサーもあるおかげで、Xperia史上最高のカメラ性能を誇っています。

マニュアル
マニュアル

Xperia X Performanceでも実は使えるものの隠されていた4Kビデオアプリが復活しています。撮影することはほとんど無いと思いますが、Snapdragon 820と高い放熱性能のおかげで、4K撮影してすぐ発熱で止まってしまう、ということもありません。

4Kも復活
4Kも復活

また、インカメラでは手をかざすと数秒後にシャッターを切ってくれる「ハンドシャッター」が追加されています。腕を伸ばして震えながらシャッターボタンを押す…ということをしなくてすむので、自撮りする方はよりブレのない写真を撮影できると思います。

自撮り好きには嬉しい?
自撮り好きには嬉しい?

細かな所で違いがあるシステム

Xperia XZのセットアップウィザードでは、まず最初の「重要な情報」が違います。以前は「重要な情報を理解しました」というチェックボックスだけで、押しても押さなくても進めるものでしたが、Xperia XZでは三つのチェックボックスが表示され、次に進むボタンが承諾ボタンになっています。

オタクだけが気付く変更
オタクだけが気付く変更

ふたが透明なタッチできるカバー、Style Cover Touchに対応した設定画面も追加されています。通常のフリップカバーを使う時とは違い、画面の明るさを使いやすいように補正してくれるようです。

Style Cover Touch
Style Cover Touch

よりバッテリーに優しいXperiaに

Xperia Z5やXperia X Performanceなどにもいたわり充電が追加されるアップデートが配信されていますが、同じ日本語訳で違う機能であるいたわり充電が「バッテリー」に追加されています。こちらは長時間充電している時間帯を学習して、100%になる時間が少なくなるよう充電量を調整する機能で、オンオフが可能です。Qnovoの最適化技術と合わさり、さらにバッテリーの寿命を延ばせます。

いたわり充電
いたわり充電

STAMINAモードでは、節電レベルを選べるようになっています。制限される機能がある程度選べるので、節電しつつパワーの要るアプリを使いたい時などに役立ちます。

バランス
バランス

「電池持ちを優先したい」ではスクロールやGPS、バイブなど様々な機能が制限されます。○%から○%は電池持ち、○%からはバランス、と選べたら良かったのですが、選べるモードは一つだけです。

色々制限される
色々制限される

深みのあるフォレストブルーが最高

ここまでソフトウェア面の違いを紹介してきましたが、やはりXperia XZがX Performanceと最も異なるのはカラーバリエーションです。背面には高輝度/高純度のメタル素材ALKALEIDOが採用され、見る角度によって色味が変わる、とても美しい外観に仕上がっています。

XZの背面
XZの背面

自然光下のほうがより良い色になるのですが、写真ではなかなか映しきれません。ぜひ店頭で触ってみてください。

EXPANSYSでXperia XZ F8332 Forest Blueを購入する

EXPANSYSでXperia XZ F8332 Mineral Blackを購入する

EXPANSYSでXperia XZ F8332 Platinumを購入する


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。