mineoがXperia取り扱いへ? MWCで発表される5インチスマホの発売を公表

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

mineoがXperia取り扱いへ? MWCで発表される5インチスマホの発売を公表

1月19日、mineoの発表会で、MWCで発表される予定の5インチスマートフォンを取り扱う予定であることが発表されました。


5インチ/約4万円のスマホを今春発売

mineoと石野純也氏によると、5.0インチディスプレイを搭載した高スペックなスマートフォンを今春発売する予定とのことです。価格は4万円前後となる予定です。

また、MWCで比較的大きなブースで発表されることも明かされています。

他社がMWCで発表すると予想されている端末は5.2インチや5.7インチが多い中、Xperiaはコードネーム Hinoki が5インチと判明しているため、mineoが新しく取り扱うスマートフォンがXperiaである可能性があります。

価格が高いXperiaで4万円前後となると、おそらくハイエンドではなくミドルレンジでしょう。未発表Xperia、モデル番号 G31XX は720p、G32XXは1080pのディスプレイを搭載しており、CPUにMediaTek Helio P20 MT6757を採用しているという情報がAnTuTuベンチマークで掲載されていますが、これまでのXperiaのパターンから考えるとG31XXは小さめなモデル (Hinoki) で、G32XXが5.2インチモデル (Keyaki) という可能性があります。

AnTuTuベンチマークの情報は偽装しやすいので信憑性に欠けますが、少なくともG3221は4GB RAM/64GB ROMを搭載するとされているので、G31XXも同様だとすると「高スペックなコンパクトモデル」に当てはまります。(5インチで「コンパクト」とは一体…)

WQHDの採用は?

5インチといえば、Xperiaでもよく採用されているディスプレイメーカー、ジャパンディスプレイが5インチクラス向けのWQHD液晶モジュール「Hi-Reso Display」の量産を開始したことが発表されています。「Hi-Reso Display」の特徴として、低周波時のちらつきを抑え、場面に応じて60Hzから30Hzに変えることで電力消費を低減し、従来のWQHD液晶より狭額縁化や黒の表現力向上、濡れた手で触れても誤動作しにくくなっているなどがあります。

量産されてすぐXperiaに搭載される、というのは無いと思いますが、Sony Mobileは過去に消費電力を理由にWQHD採用を見送ったと説明していたこともあるため、「Hi-Reso Display」がXperiaに搭載される日も近いかもしれません。


カテゴリ:

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。