Xperia XZ Premium G8141/G8142のFTFがダウンロード可能に。新ファイル形式に変更

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Xperia XZ Premium G8141/G8142のFTFがダウンロード可能に。新ファイル形式に変更

Xperia XZ Premium G8141/G8142のFTFの素となるファイルがSONYのサーバーにアップロードされました。


新形式のSINファイルに

今回SONYのファームウェア配信サーバーにアップロードされたのはXperia XZ Premium G8141/G8142のStoreFront、Commercial and Journalistsです。

どちらも一般的に入手できるものに入っているファームウェアではなく、一般販売に先駆けてレビューする人 (メディアや販売店)や店頭で展示されるホットモック用のファームウェアです。

Xperia XZ PremiumXperia XZ PremiumからはSINファイルの形式がまた変更されたようで、これまでのように展開しようとしてもEXT4ファイルにはなりませんでした。
GZIP・ZIP圧縮されているようで、展開するとCMSという拡張子がついたファイルと000 (ファイルサイズによって001、002などと続く)という拡張子のついた複数のファイルになりました。調べてもCMS file systemぐらいしか出なかったため、現状では展開ツールの対応待ちです。

ファイル形式以外の変更としてはbluetoothパーティションの追加や、パーティションのファイルがpartition.zipとして圧縮されていることなどがあります。また、ファイル名が「kernel_X-FLASH-ALL-42E5.sin」「Maple_XBootConfig_MiscTA.ta」のようにS1ではなくXがつく形に変更されています。

なお、G8141には技適マークはありませんでした。

ディスプレイの設定では、色域とコントラストを変更する機能が追加されています。sRGBの色域を使用する「プロフェッショナルモード」、色鮮やかな「スタンダードモード」、スタンダードより強調された「ダイナミックモード」から選べます。

[5/15追記]

Customized TWやCustomized USなど、複数の地域のファームウェアがアップロードされ始めました。海外ではLuminous Chromeが販売されない地域も少なからずあるようです。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。