【規格不適合】Poweradd USB急速充電器 QC3.0 ポート+Type-Cポート レビュー

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

【規格不適合】Poweradd USB急速充電器 QC3.0 ポート+Type-Cポート レビュー

Poweradd USB急速充電器 QC3.0 ポート+Type-Cポート AR-2832JPをいただいたのでレビューします。


Type-A 4ポート+ Type-C 1ポート

Poweradd USB急速充電器 QC3.0 ポート+Type-Cポート AR-2832JPは5V/2.4AまでのUSB Type-Aポートが3つ、Quick Charge 3.0対応ポートが1つ、5V/3AまでのUSB Type-Cポートが1つ、の合計5ポートあるAC充電器です。

5ポート
5ポート

充電器本体・電源ケーブルの他にスタンドも付属しています。
スタンドを使えば充電器本体とスマホを並べておける…のですが、バリが残っていてスマホが傷ついてしまう可能性があります。また、粘着テープが剥がれた状態で梱包されていました。

セット内容
セット内容

裏面には丸型のPSEマークがありますが、事業者名は書かれていません。

カリフォルニアでデザイン(笑)
Designed in California(笑)

Vbus Hotで危険

USB Type-Cの規格では、機器が接続されたことを確認してからVbus (=電気を供給する配線) に電圧をかけなければならないと定められています。

いわゆる”Vbus Hot”とは、規格に従わず、機器の接続を確認せず電圧をかけている、という意味です。

Vbus Hotであるかどうか確認するには、特別な機器がなくてもUSB Type-A to Type-CケーブルとLEDが光るタイプのUSB Type-Cハブがあれば可能です。この方法は様々なUSB Type-C機器のテストをしているNathan K.氏が紹介したものです。

手順は

  1. 充電器・ハブの接続を解除する
  2. USB Type-A to Type-CケーブルのType-C側を、充電器のType-Cポートに挿す
  3. USB Type-A to Type-CケーブルのType-A側を、ハブに挿す
  4. 充電器をコンセントに挿す

で、ハブが光っていれば充電器がVbus Hotであるということになります。

LEDが光らないタイプや安全機能が働くハブもあるので注意してください。今回はTnoder USB Type-C ハブエレコム USB Type-C ケーブル MPA-FACCL12BUで確認しました。

Poweradd USB急速充電器 QC3.0 ポート+Type-Cポート AR-2832JPのUSB Type-Cポートで確認したところ、ハブのLEDが点灯しました。つまり、Vbus Hotで危険性があるということです。

青く光っている
青く光っている

Poweradd USB急速充電器 QC3.0 ポート+Type-Cポート AR-2832JPは買わず、他のUSB Type-C充電器を購入することをおすすめします。

Poweradd USB急速充電器


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。