次期Xperiaのプラットフォーム名は「Tama」「Nile」。Tamaの搭載SoCはSnapdragon 845か?

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

次期Xperiaのプラットフォーム名は「Tama」「Nile」。Tamaの搭載SoCはSnapdragon 845か?

Sony Mobileのファームウェア配信データより、未発表の次世代Xperiaのプラットフォーム名が判明しました。


Tama = 多摩川

7月26日にファームウェア配信サーバから得られるデータを確認したところ、{"aName":"HWC_Tama_Dev_001","aType":"DEVELOPMENT"}{"aName":"HWC_Nile_Dev_001","aType":"DEVELOPMENT"}が追加されていました。

Tama
Tama

いずれもDEVELOPMENTとなっており、展示用のホットモックなどに使われるファームウェアはまだ開発されていないようです。

これまでのプラットフォーム名の法則のままであれば、日本の地名ならハイエンド、新興国付近ならローエンドといったようになるため、Tama (=多摩川) はハイエンド、Nile (=ナイル川) はローエンド/ミドルスペックのXperiaになる可能性が高いです。

プラットフォーム名が変わるということは搭載SoCが変更される、ということなので、TamaではSnapdragon 835ではなく、Snapdragon 836/845が搭載される可能性があります。

過去のアクセス情報ではGPUがAdreno 540のものしかありませんでしたが、Snapdragon 836/845でGPUがアップグレードされないのであれば納得がいきます。

Sonyは2017年8月31日 13時 (CEST) にIFA 2017に合わせたプレスカンファレンスを開催する予定です。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。