Xposed フレームワークが更新されました

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Xposed

Xposed モジュールを使うのに必須のXposed フレームワークが
v65 (インストーラは Alpha 4)に更新されました。


今回の更新では、64bit、x86 の公式リリース、
モジュール更新時のクラッシュや、一部機種での
ブートループの修正などがされています。

Xposed のインストール用ファイルは
このページでダウンロードできます。

まず、XposedInstaller_3.0_alpha4.apkをダウンロードして
インストールしてください。

その後、xposed-v65-sdk21-***.zipをダウンロードして
リカバリでインストールしてください。

今回から、arm (ほとんどの Android はこれです)、
arm64 (Snapdragon 810など64bit)、x86 (Genymotion や Atom)
向けのビルドが公開されているので、使っている端末に
応じたものをダウンロードしてください。

おかしいXposedインストーラなお、インストールしても Xposed インストーラで
「フレームワーク」を選んだ時の画面で
何も表示されなかったり、動作していないと
警告が出るようですが、動作に影響はありません。

Alpha 4で修正されています。

インストール後、一度モジュールをどれかオンオフしてください。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。