【規格適合・違法】STISpeed USB-C 61W for MacBook Pro

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

【規格適合・違法】STISpeed USB-C 61W for MacBook Pro

STISpeed USB-C 61W for MacBook Proを買ってみました。確認出来る範囲では規格適合でしたが、違法な製品です。


20V/3Aに対応

STISpeed USB-C 61W for MacBook ProはMacBook Pro向けに作られたUSB Power Delivery充電器です。

STISpeed USB-C 61W
品番 61w-usb-c
サイズ 約74.0 x 74.0 x 2.7mm
重さ 約138g
USB Power Delivery出力 公称: 5V/3A、9V/3A、15V/3A、20.3V/3A
実際のPDO: 5V/3A、9V/3A、15V/3A、20V/3A
ポート数 USB Type-C USB PD対応出力ポートx1

コスト削減のためかケーブルは箱に入っておらず、チャック付きの袋に充電器のパッケージと一緒に入れられていました。メーカー名などの記載はなく、箱の裏面には英語などと並び、日本語で「61W USB-C 電源アダプタ」と書かれていました。おそらくApple純正品からコピペしてきたのでしょう。

徹底したコスト削減
徹底したコスト削減

プラグは他地域向けにもできるようにするためか、取り外し可能になっていました。微妙に奥まで入らないので、少し出っ張ります。

取り外し可能
取り外し可能

金色の部分には仕様が書かれているのですが、なんと認証マークは一切ありません。海外でも使用できると商品説明に書かれていますが、ほとんどの国で違法となる可能性が高いです。もちろんPSEマークがないので日本での販売は違法です。

また、この金色の部分は取り外しが可能でした。

認証は一切なし
認証は一切なし

USB Type-C規格適合

Cold Socket (非Vbus Hot) –

USB Type-Cの規格では、機器が接続されたことを確認してからVbusに電圧をかけるよう定められています。

STISpeed USB-C 61Wは規格通り、機器が接続されていない状態ではVbusに電圧がかかりませんでした。

Bridged CCs –

STISpeed USB-C 61WはUSB Type-Cの規格通り、それぞれが別個のRpでプルアップされています。

e-MarkedケーブルでもSinkの接続を検出できるため、問題なく使用できます。

PDO –

仕様ではUSB Type-Cポートの出力は5V/3A、9V/3A、15V/3A、20.3V/3Aとなっていますが、Total Phase USB Power Delivery Analyzerで確認したところ、実際に通知されているPDOは5V/3A、9V/3A、15V/3A、20V/3Aでした。

Apple純正の61W電源アダプタでも20.3Vと言いつつPDO上は20Vになっているので、ある意味純正品を正しくクローンできています。

接続した時点で上記のPDOを通知しており、追加でPDOを通知する動作はしなかったため、Split PDOではありませんでした。

PDO
PDO

高速充電規格 –

USB Type-Cポートは規格通りUSB Power Deliveryのみに対応しており、Quick Charge 2.0/3.0などの規格外の高速充電規格には対応していません。

過電流防止機能 –

STISpeed USB-C 61W には過電流防止機能が付いています。厳しめに設定されており、3.2Aほどで出力がシャットダウンされました。

3.2A
3.2A

 Xiaomi Mi Notebook Air 13を充電したところ、20V/2.5A程度で充電できました。 (Total Phaseのログはこちら)

確認した限りではUSB Type-C規格に適合した動作をしているのですが、PSEマークを初めとする各種認証マークが一切ありません。

違法であるばかりか安全性の確認がされているか不明確なので、おすすめはできません。

【09/06追記】
STISpeedに問い合わせたところ、

こちらは商品を仕入れ、ただのいち販売者です。詳しくはわからないので、メーカーさんにお問い合わせいたします。
なお、返品する場合、購入履歴から該当データの詳細ページの「返品」ボタンをクッリクし、ご返品ください。

とのことでした。法律を理解せずに販売するような店は中国に帰って欲しいです。


レビューや記事が役に立った場合、Amazonのほしい物リストで何か送ってくだされば幸いです。
未レビューのUSB Type-C充電器・バッテリーを貸し出してもいい、という方がいらっしゃればお問い合わせください。



コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。