Xperia acro IS11S ICSアップデート

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Xperia acroはメモリ不足などが原因で日本ではICSアップデートはされませんでした。
しかし、海外では同シリーズの端末がICSアップデートされているため、
おなじみのftfを焼くことでIS11SもICSにアップデートできます。
ただし、auとは仕様が違うためデータ通信はできないようです。
Wi-Fiは正常に使えます。
必要な物:
IS11S 4.0.1.B.0.112のftf (ICSアップデート用)
LT18i 4.1.B.0.587のftf (ICSアップデート用)
LT18i 4.1.A.0.562のftf (root取得用)
Rooting Toolkit for Xperia 2011 ICS
1. IS11S 4.0.1.B.0.112のftfをzip書庫として開き、
loader.sinとamss_fs_akane.sin(もしくはamss_fs.sin)を解凍します。
2. 解凍した二つのファイルをLT18i 4.1.B.0.587のftfを開いて追加します。
その後ftf内のamss_fs_ayame.sinを削除してください。
3.ファイルを変更したLT18i 4.1.B.0.587のftfをFlashToolで焼きます。
このときWipe Dataをしないとブートループになる可能性があるので
事前にデータをバックアップして必ずWipeの欄は全てチェックするようにしてください。
成功すれば起動時のロゴがSONYに変わり、ICSになります。
ここからはroot取得です。
1. IS11S 4.0.1.B.0.112のftfから解凍したloader.sinとamss_fs_akane.sinを
LT18i 4.1.A.0.562のftfを開いて追加します。
その後ftf内のamss_fs_ayame.sinを削除してください。
2. ファイルを変更したLT18i 4.1.A.0.562のftfをFlashToolで焼きます。
root取得のためカーネルだけを焼くので、Wipeは全てチェックを外し、
ExcludeのほうはExclude kernel以外にチェックを入れてください。

3. IS11Sを起動し、設定で提供元不明のアプリ、USBデバッグにチェックを入れてください。
Rooting Toolkitのために必要です。
4. Rooting Toolkit for Xperia 2011 ICSのrunme.batを実行します。
画面の指示に従いroot取得完了してドロワーにSuperuserがあることを確認してください。
5. カーネルを元に戻します。
ファイルを変更したLT18i 4.1.B.0.587のftfでカーネルだけを焼きます。
先ほどと同じくWipeは全てチェックを外し、
ExcludeのほうはExclude kernel以外にチェックを入れてください。

6. 焼いた後起動すれば完了です。
ちなみにこのままではフォントがおかしいのでXperia ZからMTLmr3m.ttfをコピーするなどして
日本語フォントを/system/fontsにコピーしてパーミッションを644にすると
ちゃんとした日本の漢字で表示されるようになります。
リカバリーはClockworkMod-Based Recovery with cray_Doze Mod for Xperia
をインストールすると使えます。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。