UnrestrictedGetTasks – アプリ履歴取得APIの制限を無効にする

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

XInstallerなどのXposedモジュールでおなじみ、
pyler氏がまた新しいXposedモジュールを公開しました。
「UnrestrictedGetTasks」は、5.x Lollipop以降で
追加されたアプリ履歴の取得API getAppTasks( )の
制限を解除して、以前のように使えるようにするものです。


ダウンロードはXposed Module Repositoryからできます。

UnrestrictedGetTasks | Xposed Module Repository

Disable restricting Android API to get recent tasks in Lollipop and newer. This restriction causes that some apps (e.g. Greenify) don’t work as they should, since Android now returns nothing or useless info when they want to get recent tasks. This module should fix it as it was before.

このモジュールを有効にすると、APIに頼っている
Greenifyなどのアプリが正しく動くようになります。
また、関係ないのかもしれませんが、
LMTでKill appsを使ったときにLMTごと停止してしまう
問題が、有効にしてから起きなくなりました。

APIが制限されたのは元々はセキュリティ向上のためなので、
厳格なセキュリティよりも機能性を取りたい
人だけ使うようにしてください。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。