京都でもNURO光は速い!実測946Mbpsの高速回線で夜中のインターネット閲覧も快適

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

京都でもNURO光は速い!実測946Mbpsの高速回線で夜中のインターネット閲覧も快適

自宅のインターネット回線をフレッツ光 (So-net 光 with フレッツ S) からNUROに乗り換えました。実測946.99Mbpsと超高速です。


夜遅くなる問題とは無縁に

これまでフレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼という大層な名前のサービスを使っていたのですが、夜になると0.1Mbps~5Mbpsほどに速度が落ち、動画再生はもちろん、Google検索などウェブサイト閲覧すら難しくなるレベルになっていました。

IPv6 IPoEを利用したサービス (transix、V6プラス) を利用することである程度は速度を回復できましたが、transixも夜に遅くなる問題が発生した時期があり、根本的な解決ができませんでした。

NTT-Westのポイント制度でかつては限定カラーのニンテンドー3DSを交換できたこともあり、限定カラーのNintendo Switchなどが追加されないかと思って乗り換えずにいましたが、月6,000円払っているのに月1,000円台のMVNO並の速度に絞られたあげく、NTT西日本からはわざわざ「長期利用してもらってるけどこれ以上は割引しないからw」と煽りのような内容のメールが送られてきて、さすがにブチ切れました。

フレッツ煽りそこで契約したのが、世界最速インターネットを謳うNURO光です。

提供エリアが「関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)、東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)、関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)」の一戸建て住宅か7階建て以下の集合住宅に限られるものの、世界最速との名乗りに偽りは無く、下り最大2Gbps、実測で900Mbps程度という圧倒的な通信速度を誇っています。

元々1Gbpsの回線を大量のユーザーが分け合っていて遅くなるフレッツの回線と違い、ダークファイバー・G-PONを利用して下り最大2Gbpsを実現しているサービスのため、ユーザー数が少ないことも相まって夜間でも速度を維持できています。

実際にSpeedtest by Ooklaのtdlabsサーバーでスピードテストしてみると、夜8時の計測でPING 6ms、下り946.99Mbps、上り936.76Mbpsとなりました。

下り946.99Mbps
下り946.99Mbps

tdlabsより遠い場所にあるIPA CyberLabサーバーで夜10時に計測するとPING 12ms、下り633.20Mbps、上り947.26Mbpsとなりました。

下り633Mbps
下り633Mbps

実際のウェブサービスでは、そもそも速度の出ないサーバーを契約されていることがほとんどなのでここまでの速度が出ることはめったにありませんが、自分の回線がボトルネックになることは無くなるため、Googleドライブやゲームのミラーサイトなどからは40~100Mbpsほどの速度でダウンロードができ、元々遅い海外サーバーでもフレッツ光の細い回線でつないでいた時に比べればかなり快適になります。

ONUに無線ルーター機能も付属

NURO光のONUは地域によってZTE F660AかHUAWEI HG8045Qなどがメーカーの違うものが配られます。私の場合ZTE F660Aでした。

どちらのONUでもIEEE802.11acに対応しているため、通常は別途無線ルーターを用意しなくてもWi-Fiを利用できます。

IPアドレスは公式には固定ではないですが、ONUを再起動しても同じIPアドレスになることがほとんどです。ONUにはVPN機能が付いていませんが、SoftEther VPNなどを利用すれば問題なくVPN接続も利用できます。

私の場合フレッツ光の頃からONUの設置場所が風呂場の天井裏で、リビングに届くようI-O DATA WN-AX1167GRを使っていたのですが、安定性が少し悪い (それでも以前使っていたBUFFALO WXR-1901DHP3よりマシでしたが) ため、せっかくなのでASUSTeK RT-AC86Uに買い換えました。

ルーターが止まってWi-Fiが切断されるようなことがなくなり、管理画面もグラフィカルでネットワークマップなども見られるので、NURO光を契約した人にはおすすめです。

回線は速いが工事は遅い

月額料金は約5,000円と、プロバイダ料金がない分フレッツ回線より安く抑えられる上に夜間でも高速なNURO光ですが、一つ難点を上げるとすれば、申し込みから利用できるまでの時間がかなりかかる場合がほとんど、というところです。私の場合2月15日に申し込んで宅内工事が3月12日にあり、屋外工事が6月28日と開通まで4ヶ月以上のタイムラグがありました。

京都でのサービスが始まったのが1~2月頃のため屋内工事まではまだスムーズと言えるのですが、屋外工事にはNTT側での工事の調整が必要なことが原因で、なかなか予定すら決まりませんでした。わざと人を絞ってNUROへの乗り換えを取りやめさせようとしているようにしか思えません…。

フレッツ光や光コラボレーションの低速回線でイライラしている方は、早めにNURO光に申し込みましょう。

今なら下記バナーからの申し込みで35,000円キャッシュバックされます。代理店経由だともっとキャッシュバックが多いこともありますが、色々と罠が仕掛けられていたりサポートが微妙だったりして厄介なので、ウェブ上で簡単に申し込みできる公式キャンペーンがおすすめです。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。