ガス圧式モニターアームLoctek D7Aレビュー。ハブ機能付きで上下前後左右好きな位置に移動できる

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

ガス圧式モニターアームLoctek D7Aレビュー。ハブ機能付きで上下前後左右好きな位置に移動できる

Loctek様より、Loctek 液晶LCDモニターアーム D7Aをいただきました。


27インチまでのディスプレイに対応

Loctek 液晶LCDモニターアーム D7Aは、10~27インチまでのディスプレイに対応したガス圧式モニターアームです。

通常ディスプレイに付属しているスタンドだと位置や向きの調整ができないか、できても自由度が小さいですが、モニターアームを使うと縦横の位置を自由に変えられ、縦向きにすることもできます。

好きな位置に移動できる

今回いただいたLoctek D7Aは組み立て式で、ねじやドライバー兼レンチなども入っています。

組み立て方は日本語 (機械翻訳気味ですが) に書かれていて、必要なネジもアルファベットで分かるようになっているので比較的簡単だと思います。

組み立て式設置方法は机の穴を利用するグロメット式、ねじで机と挟み込むような形になるクランプ式の2通りを選べます。

基本的には机に穴が無くても使えるクランプ式を使うことになると思います。挟み込む部分には付属のゴムマットを貼り付けられるので、机が傷つく心配がありません。

クランプ式
クランプ式

VESA規格 75x75mmと100x100mmに対応しており、75x75mmの場合は下の写真のようにネジ止めします。

VESA 75x75mmの場合
VESA 75x75mmの場合

2~9kgのディスプレイに対応していて標準状態では9kgを想定したガス圧になっているようで、私の場合ディスプレイが軽いのでそのままでは位置を変えてもすぐ浮き上がってしまいました。

ディスプレイが軽い場合は、机に近い方の穴を時計回りに回すことで対応する耐荷重を減らして、浮き上がらないように調整できます。

圧力の変更
圧力の変更

モニターアームにはケーブルカバーも付いていて、ケーブルをひとまとめにできます。

カバーは各関節の下側に付いていて、スタンド部にもカバーを取り付けられます。

ケーブルをまとめられる
ケーブルをまとめられる

アームは上下左右に加え前後にも移動でき、ディスプレイを縦向きにすることもできます。

ディスプレイ自体に回転センサーが付いていないと表示が縦向きに切り替わってくれませんが、設定で向きを変えれば問題ありません。

縦長だと、特に縦に長いウェブサイトやExcelの表を見るときなどに一画面の情報量がかなり増えて便利です。

縦向きにも
縦向きにも

スタンド部にイヤホン・マイクジャックやUSB端子が付いているため、わざわざ長いケーブルを用意してPC本体につながなくても済みます。

 

今回レビューしたD7Aはモニターを一つだけ付けられるタイプですが、他にもデュアルモニターにできるD8Dやスタンディングデスク、テレビスタンドなど幅広く用意されています。

モニターアームを使うことで、モニターの位置を自分の好きなように変えられるので作業効率がアップする上、目や背中への負担も減らせます。

octekのモニターアームやスタンディングデスクはAmazonの他、公式サイトからも購入できるので、モニター環境を安価に改善したい方は、ぜひLoctekのモニターアームやスタンディングデスクを購入してみてはいかがでしょうか。

Loctek D7A


To ESATO, sumahoinfo, gazyekichi-iperia: DO NOT COPY MY CONTENTS without a link to my website. If you stole and post my contents to ESATO or your website, you have an obligation to pay me $100 per post via PayPal.

Google+ はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。