10.1インチタブレットXiaomi Mi Pad 4 Plusレビュー。S660・前面指紋センサー搭載の高コスパタブ【$243.99~】

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

10.1インチタブレットXiaomi Mi Pad 4 Plusレビュー。S660・前面指紋センサー搭載の高コスパタブ【$243.99~】

Geekbuyingで10.1インチタブレット、Mi Pad 4 Plusを購入しました。


珍しいSnapdragon搭載10.1インチタブレット

Androidタブレット市場はスマートフォンに比べると勢いがなく、かつてはSnapdragonを搭載したタブレットも多かったものの、今ではMediaTek SoCなどを搭載した低スペックの安物ばかりになってしまいました。

一応10インチクラスではSnapdragon 835を搭載したGalaxy Tab S4があるものの、最新のSnapdragon 845を搭載していない割に価格は7万円近くとなかなか高価です。

そんな中登場したのが、Snapdragon 660を搭載した10.1インチタブレット、Xiaomi Mi Pad 4 Plusです。

スペック

Xiaomi Mi Pad 4 Plus
OS Android 8.1
RAM 4GB
ストレージ 64GB/128GB
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 660
ディスプレイ 10.1インチ 1920 x 1200 (16:10)
サイズ 149x 245 x 7.9 mm
重さ 485g
SIM Nano SIM
メインカメラ 13MP
フロントカメラ 5MP
バッテリー 8,620mAh
USB端子 USB Type-C
ネットワーク 4G:TDD-LTE: B34/B38/39/40/41(100M), FDD-LTE: B1/3/5/7/8

(詳細はこちら)

配送方法にDHL Expressを選んだところ、21日に入荷して発送された後、23日に届くという国内の宅急便と変わらないレベルのスピードで到着しました。

木曜日, 8月 23, 2018 取り扱いセンター 時間
20 配達完了: DLVD BY AGNT 11:17

1 個

19 配達業者への荷物引渡し準備完了 KANSAI – JAPAN 08:18

1 個

水曜日, 8月 22, 2018 取り扱いセンター 時間
18 配達業者への荷物引渡し準備完了 KANSAI – JAPAN 16:38

1 個

17 DHL施設へ到着 KANSAI – JAPAN KANSAI – JAPAN 13:31

1 個

16 DHL施設から出発 OSAKA – JAPAN OSAKA – JAPAN 12:10

1 個

15 DHL施設にて搬送処理中 OSAKA – JAPAN OSAKA – JAPAN 11:47

1 個

14 通関許可 OSAKA – JAPAN OSAKA – JAPAN 09:34

1 個

13 通関手続き情報の更新 OSAKA – JAPAN 08:56
12 通関手続きの準備中 OSAKA – JAPAN OSAKA – JAPAN 08:28

1 個

11 通関手続き中 OSAKA – JAPAN 08:28

1 個

10 DHL施設へ到着 OSAKA – JAPAN OSAKA – JAPAN 08:24

1 個

9 DHL施設から出発 HONG KONG – HONG KONG HONG KONG – HONG KONG 02:52

1 個

8 DHL施設にて搬送処理中 HONG KONG – HONG KONG HONG KONG – HONG KONG 02:27

1 個

7 通関許可 HONG KONG – HONG KONG HONG KONG – HONG KONG 01:56

1 個

6 DHL施設へ到着 HONG KONG – HONG KONG HONG KONG – HONG KONG 01:51

1 個

火曜日, 8月 21, 2018 取り扱いセンター 時間
5 通関手続き情報の更新 HONG KONG – HONG KONG 23:42
4 DHL施設から出発 SHENZHEN – CHINA, PEOPLES REPUBLIC SHENZHEN – CHINA, PEOPLES REPUBLIC 22:16

1 個

3 DHL施設にて搬送処理中 SHENZHEN – CHINA, PEOPLES REPUBLIC SHENZHEN – CHINA, PEOPLES REPUBLIC 21:58

1 個

2 DHL施設へ到着 SHENZHEN – CHINA, PEOPLES REPUBLIC SHENZHEN – CHINA, PEOPLES REPUBLIC 21:56

1 個

1 荷物集荷 SHENZHEN – CHINA, PEOPLES REPUBLIC 19:22

1 個

アンチグレアフィルム貼り付け済み

Mi Pad 4 PlusにはUSB Type-A to Type-Cケーブル、5V/2A充電器、SIMピンの他、小米移动 (Mi Mobile) のSIMカードまで付属しています。小米移动のSIMカードは切り取り位置によって好きなサイズにカットできるようになっています。

Mi Pad 4 Plusは最大5V/2Aでの充電にしか対応していないため、USB PD対応充電器を使ってもUSB BC (5V/1.5A程度) でしか充電できません。大容量のバッテリーなのに急速充電に対応していないのは残念です。

付属品Geekbuyingで販売されているMi Pad 4 Plusでは、アンチグレアフィルムが貼り付け済みです。タブレットでは画面が反射すると見にくいので、反射を最低限に押さえてくれるアンチグレアフィルムを貼ってあるのは素晴らしいです。

ただ、ホームボタンの切り抜きが甘かったり、気泡があったり、アンチグレアな割に指紋が目立つなど、あまり品質は良くはありません。

フィルム貼り付け済み
フィルム貼り付け済み

白い部分を拡大して見ると分かる…かもしれませんが、虹色のノイズのような模様が出てしまっています。(元のスクリーンショットはこちら)

アンチグレアフィルムの特性として仕方が無い部分ではあるのですが、せっかくならもっとクオリティの高いフィルムを貼って使いたい…ということで、ミヤビックス ビザビ事業部さんにフィルムを作成していただくことにしました。

画質劣化反射防止タイプのOverLay PlusをMi Pad 4 Plus、Mi Pad 4共に貼り付けていただきました。

OverLay Plus
OverLay Plus

ホームボタンの切り抜きも完璧で、隙間がほとんどありません。アンチグレアフィルム特有の虹色のノイズもほとんどなく、指滑りも良いので、Mi Pad 4 Plus用の保護フィルムが欲しい方にはAmazonでも買える、OverLayシリーズがおすすめです。

ホームボタンまできっちり
ホームボタンまできっちり

8インチ版Mi Pad 4と違い、前面下部にホーム兼指紋センサーが付いています。

前面指紋センサー
前面指紋センサー

残念ながらバックカメラは出っ張っています。

バックカメラはOmniVision OV13855で、Redmi Note 5Aなどに使われているセンサーと同じです。風景写真を撮影するのには不向きですが、タブレットでカメラを使うのは主にメモ用途でしょうし、特に問題ないと思います。

なお、カメラの出っ張りをなくせる上、蓋を閉じるとスリープ/スリープ解除できるフリップケースがGearBestで販売されています

出っ張りカメラ
出っ張りカメラ

一応ステレオスピーカーですが、下部にしかスピーカーが付いていないため、あまりステレオの意味がありません。

スピーカー
スピーカー

代わりにイヤホンジャックが上部に付いています。Bluetoothと違って遅延したり途切れたりすることがないので、音楽を聴きながらゲームする人にはぴったりです。

イヤホンジャック
イヤホンジャック

MIUI 9.6 China Stableを搭載

GeekbuyingのMi Pad 4 PlusはMIUI 9.6.23.0 China Stableを搭載しています。その後アップデートを確認したところ、OTAで2018-08-01セキュリティパッチアップデートが降ってきました。

MIUI 9.6言語設定では英語や中国語しか選べず、日本語が選択肢にありませんが、ADBコマンドなどで簡単に日本語設定できます。

ADBの場合、adb shellsettings put system system_locales ja-JPと実行してください。

設定の文言などは日本語になりませんが、アプリの表示言語は日本語になります。フォントも再起動するとちゃんと日本語フォントが選ばれます。

 

中国版のため、デフォルトではGoogle Playストアなどが入っていません。Google Installerなどを使えばインストールできます。

Googleアプリなし
Googleアプリなし

ナビバー操作がデフォルトですが、より画面を広く使えるジェスチャー操作も用意されています。下から上にスワイプしてホームに戻る、右端からスワイプして戻るなどができます。

横画面にした時にボール型のクイックランチャーを表示する設定にも出来ます。

キビの付箋を使用してようこそ
キビの付箋を使用してようこそ

ディスプレイ設定では、ブルーライトをカットする読書モードや、スリープ時に画面をダブルタップして起動できる機能などを変更できます。

ロックを掛けている場合は前面指紋センサーがあるのでそれを使った方が早いですが、ロックを掛けていないときでも電源ボタンを押す手間を減らせて良いですね。

タップして起動
タップして起動

画面の色合い・コントラストも好みに合わせて変更できます。

色合いの変更
色合いの変更

スリープを検知してGPSなどを無効化する省電力機能が付いていて、スリープ時の減りは緩やかです。

バッテリーAnTuTuベンチマークの結果は141697でした。Snapdragon 820/821を搭載したGalaxy S7やLG G6が150000程度なので、格安ながらも2世代前のフラッグシップ端末並のパフォーマンスが出ることになります。

ベンチマーク後はバッテリー温度が40℃近くになって端末が熱くなることが多いのですが、Mi Pad 4 Plusでは本体もバッテリー温度もそれほど熱くなっていませんでした。

AnTuTu 141697
AnTuTu 141697

中国のゲーム「魔女兵器」を遊んでみましたが、特にカクツキもなく、スムーズに遊べました。

Project Treble対応も、360時間制限あり

Mi Pad 4 PlusはProject Trebleに対応しているため、Bootloader Unlockさえできればすぐにカスタムロムを焼いて動かすことが出来ます。

ただ、Redmi Note 5あたりからXiaomiのBootloader Unlockサービスに新たに「360時間経たないとUnlockできない」という制限が加わったため、15日待たないとカスタムロムを焼けない状態になっています。

カスタムロム (China Stable以外のMIUIを含む) で遊びたい方は、できるだけ早くBootloader Unlockできるよう到着してすぐにXiaomiのアカウントを紐付けましょう。

360時間制限
360時間制限

Mi Pad 4向けにカスタマイズを加えたAICP-mordiford GSIはここからダウンロードできます。

他のGSIだとbuild.propにDPIなどの変更を加えないといけませんが、AICP-mordiford GSIでは自動的に変更するようにしています。

TWRPはここからダウンロードできます。

 

Mi Pad 4 Plusは最近のゲームを快適にプレイするのに十分なスペックを備えつつ、3万円台と安めの価格に収まっているので、大きな画面でゲームや動画再生を快適に楽しみたい方にオススメです。

Banggoodでは128GBストレージ版がクーポン12cd11で$309.99で購入できます。

【12/17追記】
GearBestにて、4GB RAM + 64GBストレージ版がクーポンGB_MI4BG64で31618円 ($273.99)、4GB RAM + 128GBストレージ版がクーポンGB_xm4BJで35542円 ($307.99)で購入できます。

JoyBuyでは配送が遅い代わりに64GBストレージ版が$243.99と激安です。

なお8インチ版は、Snapdragon 660搭載なのは変わらずRAMが3GBになったバージョンが$189.99、4GB RAM版でも$249.99と激安価格で販売されています。
そんなに大画面でなくても良い、前面指紋センサーはいらない、という方は8インチ版を検討してみてはいかがでしょうか。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ: ,
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。