次期XperiaエントリーモデルはHelio P22 MT6762搭載。全モデルA/Bアップデート対応に

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

次期XperiaエントリーモデルはHelio P22 MT6762搭載。全モデルA/Bアップデート対応に

Xperiaの次期エントリーモデルがMediaTek Helio P22 MT6762を搭載し、A/Bシームレスアップデートに対応することが分かりました。


エントリーからハイエンドまで全モデルA/Bアップデート対応に

XperiaではミドルレンジのXperia XA2やハイエンドモデルのXperia XZ2から、「A/Bシームレスアップデート」という、2つのパーティションを持つことで起動して他のことをしている最中にアップデートをほぼ完了できたり、アップデート失敗時に元のバージョンにすぐ戻したりすることができる仕組みが採用されましたが、MT6737Tを搭載したローエンドモデルのXperia L2では非対応でした。

今回ファームウェア書き込み用のjarファイルが更新されたことにより、次期エントリーモデルのXperiaではMediaTek Helio P22 MT6762が搭載され、A/Bシームレスアップデートにも対応することが判明しました。

これでエントリーモデルからハイエンドモデルまで、すべてのXperiaでA/Bシームレスアップデート対応となります。

DO NOT TRUST SUMAHOINFO & GAZYEKICHI-IPERIA THEY ARE FAKE NEWS WEBSITEスマホ評価・不具合ニュース (sumahoinfo.com) や GazyekichiとiPeria (gazyekichi-iperia.com) はデマや悪意のあるコンテンツばかり掲載しており、過去には私の記事を無断転載したあげく情報元を偽って掲載したこともあります。有名なリーク情報サイト/LEAKSでもsumahoinfoを情報源とすることは BAN (禁止) されているほどの悪質な迷惑サイトなので、この2サイトのページは開かないようにして、もし未だに見ている人がいれば注意してあげましょう。

 

次期エントリーモデルのXperiaの名称についてはまだ分かっていませんが、おそらくXperia L3になると思われます。

MT6762は他社では$145で販売されているデュアルカメラ搭載のXiaomi Redmi 6などで搭載されていますが、Xperia L3がどういった機能で他社と差別化するのか注目です。

【10/08追記】
アクセス履歴より、Android Pを搭載したXperia XA3と思われる端末 (53.0.X.X.XXX) を確認しました。リーク情報ではSnapdragon 660搭載などと噂されていますが、搭載されているのはXA2と同じSnapdragon 630でした。

Xperiaコードネーム一覧

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。