読める、読めるぞ!Language Naviで日本語非対応のアプリを自動翻訳

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

読める、読めるぞ!Language Naviで日本語非対応のアプリを自動翻訳

Androidアプリ内の文字を自動で翻訳してくれるアプリ、Language Naviを紹介します。


ありそうで無かった、アプリUI上の文字の自動翻訳

Language Naviは、指定したアプリ上で表示される文字を自動的に機械翻訳してくれるアプリです。

Google翻訳アプリなどでは文字をコピー→アプリに貼り付けや文字を選択→翻訳というアクションが必要ですが、Language Naviならコピペや選択できない部分でも手間なく翻訳できます。

Playストアではよく「日本語に対応していないので★1です」などというレビューがありますが、このアプリを使えば英語が分からない人でも大体の意味が分かるようになるはずです。

動作にはユーザー補助サービスの有効化が必要で、バッテリーの最適化 (電池の最適化) をオフにした方が安定して動作します。

使い方は簡単で、Language Naviを開くと表示されるアプリ一覧から翻訳させたいアプリを選び、対象言語 (アプリで表示される言語)と翻訳言語 (どの言語へ翻訳させたいか) を選んで「起動する」を押すだけです。

Enable OCR (OCR を有効化) というのは画面に映っている文字を認識させて翻訳する機能です。基本的にはOCRしなくても良いのですが、ゲームなどでは特殊な表示方法がされていることが多いので、役に立つことがあります。

OCRはバージョン1.0.10の段階では、残念ながら英語などアルファベットしか認識してくれません。中国語も認識してくれれば魔女兵器も遊べるかもしれないというのに…。

言語を選択
言語を選択

翻訳される箇所は白枠で囲まれ、数秒で翻訳されます。

機械翻訳とはいえ翻訳精度はなかなか良いので、大体の意味は理解できると思います。

機械翻訳は日本語への翻訳よりも英語への翻訳の方が精度が高い傾向にあるので、英語が分かる人であれば英語に翻訳させた方が良い結果になると思います。

長い文章だと翻訳されないことがあるので、今後のアップデートでより認識精度が上がることを期待します。

翻訳された様子OCR を有効にしている場合右下にOCRボタンが出てくるので、それを押せばその時点の画面を読み取り、翻訳してくれます。

OCRは画面録画機能を使っているため、使っている間はキャストのアイコンがステータスバーに表示されるのですが、Language Naviを通知領域で停止したりアプリを閉じたりしても残ったままになることがあります。その場合はキャストのオンオフをしたりシステムUI調整ツールでキャストのアイコンを消したりしてください。

 

まだまだ発展途上のアプリですが、今後OCR機能が改善されていけば日本語にも英語にも翻訳されていないようなアプリでも気軽に使えるようになるはずです。良さそうなアプリを見つけたのに日本語対応していなかった、遊びたいゲームがあるけど英語にも対応していなかった…というようなことがある方は、ぜひインストールしてみてください。

今回、開発元のTachibana General Laboratories, LLCより広告削除・クラッシュレポートの自動送信の停止などができるようになるProモード (通常¥330) が無料で手に入るプロモコードをいただきました。

9月23日までに下記ツイートをRTした方9名様に、プロモコードを9月24日にDMで送信します。(RTが10以上の場合は抽選します)
【09/24追記】
抽選の結果当選された方にDMで送信しました。参加いただきありがとうございました。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。