SoundPEATS Truengine Bluetooth完全ワイヤレスイヤホンレビュー。片耳だけでも使える一台二役イヤホン

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

SoundPEATS Truengine Bluetooth完全ワイヤレスイヤホンレビュー。片耳だけでも使える一台二役イヤホン

SoundPEATSよりSoundPEATS Truengine Bluetooth 完全ワイヤレスイヤホン Q42をいただきました。


BT5.0対応の左右分離型イヤホン

SoundPEATS Truengine Q42はBluetooth 5.0に対応した、左右分離型の完全ワイヤレスイヤホンです。

イヤーピース (S、M、L)の他日本語の説明書も付いていて、技適マークもちゃんと取得・表記されています。(番号 007-AF0188)

日本語の説明では「単独で使用できませんです」など微妙に間違っているところはあるものの、全体的に「読める」日本語になっているので、ただ機械翻訳しただけの説明書を付ける他メーカーとは力のいれ具合が違います。

日本語説明書付き
日本語説明書付き

バッテリーは500mAhで、ケースにmicro USBケーブルを挿して充電します。

micro USBで充電
micro USBで充電

マグネット式なので、簡単にイヤホンを着脱できます。収納ケースと充電器が一体化しているので、わざわざイヤホン本体の蓋を開けてUSBケーブルを挿して…という手間がありません。

背面のボタンを押すと前面のLEDランプが点灯し、バッテリー残量が分かります。

マグネットで簡単着脱
マグネットで簡単着脱

右・左イヤホンは初回ペアリング後は自動的にペアリングされます。

右イヤホンだけをケースから取り出せば、片耳イヤホンとしてモノラルモードで使えます。(左イヤホンだけでは使用できません)

使用中はイヤホンのLEDが青く点滅する上、点滅タイミングが左右でバラバラなのが少し残念です。
バッテリー残量はケースで見られますし、ケースから取り外していたら自動ペアリングされる = 動作していると分かるので、わざわざLEDを点滅させる意味が分かりません。

右側だけで使える
右側だけで使える

オーディオコーデックはAACに対応しています。

AAC対応
AAC対応

音質は価格相応で、デュアルドライバーという割に低音寄りです。音楽をじっくり楽しむというよりは、作業やランニングなど何か別のことをしながら音楽をBGMとして聞きたい、という場面に適しています。

Bluetooth 5.0のおかげか2部屋 (10~12m程度) 先でも遮蔽物があまり無ければ、動きながら使っても音飛びしたり途切れたりせずに再生できます。分厚いドア越しだと途切れることがあるのは従来のBluetoothイヤホンと同じですが…。

ケーブルが無い事で引っかけてしまうことや煩わしさが無く、充電もケースに入れるだけで済むので、これまで充電が手間でワイヤレスイヤホンに手が出せなかった、という方におすすめです。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ: , ,
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。