Flashtool 0.9.19.6に更新、ただしrpm.sinの問題は残ったまま

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Androidを起動しています

Xperia を使うなら必ずといっていいほどお世話になる
FTF焼きツール、Flashtool が0.9.19.6に更新されました。


主な更新内容

  • FTF作成時にloader.sinがFTFに入らない問題を修正

最近アップしたFTFをチェックし直さないといけませんね…。
どうやらFTF周りの挙動でおかしなことをしたようで、
以前は自動で除外されていたsimlock.taが焼かれてしまい、
SIMロックされたり文鎮化したりするという
恐ろしい現象が起きることがxdaで報告されています。
ここのところ更新ばかりですし、
しばらくは0.9.19.*を使わない方が良いかもしれません。

Flashtool はこのページでダウンロード出来ます。
torrent のほうが断然速いです。
※uploaded.toが勝手にファイルを改竄しており、
スパイウェアを仕込む.exe.exeにしているようです。
「Download Manager」にチェックをつけないように注意するか、
torrentでダウンロードするようにしてください。

0.9.19.3をインストール済みの場合は、0.9.19.4 Patchをダウンロードして
FlashTool.exeがあるフォルダのx10flasher.jarを上書きすれば良いようです。

[追記]
0.9.19.5が公開されました。
simlock.taが自動で除外されない問題を修正し、
警告が出るように修正されています。
0.9.19.4と同じく、0.9.19.5 Patchをダウンロードして
上書きするだけでいいようになっています。

ただ、これでも文鎮化の原因となるバグは修正されていない
かもしれないので、しばらく様子見した方が良いでしょう。
ここしばらくのパターンだとまた別の問題を
引き起こしている可能性が高いので…。

[さらに追記]
0.9.19.6が公開されました。
これも0.9.19.6 Patchをダウンロードして
上書きするだけでいいようになっています。

更新内容

  • userdata.sinが正しくextractできない場合がある問題の修正
  • FTFを焼く前にTAを自動バックアップするように変更
  • Xperifimと連携してFTFを作るときsimlock.taを含めないよう変更

ただし、このバージョンでもまだrpm.sinが正常にextract
できない問題は修正されていません。
このため、Z2などの古めの機種にFTFを焼く時、
rpm.sinがあると完全に文鎮化してしまい、
テストポイントを使って修復するしかなくなります。
kitakamiプラットフォームでは最新版を使い、
それ以外では0.9.18.6を使った方が安全です。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。OnePlus 3T A3010とXperia XZ F8332を使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。