Sony Mobile、Snapdragon 8150 (SM8150) 搭載のXperiaを開発中。謎の”JP1N1″に搭載?

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Sony Mobile、Snapdragon 8150 (SM8150) 搭載のXperiaを開発中。謎の"JP1N1"に搭載?

 Sony MobileがSnapdragon 8150 (SM8150) を搭載したXperiaを開発中であることが判明しました。


S845後継SoCのSM8150

SOMCのファームウェア書き込み用ファイルがアップデートされたことにより、次期XperiaにSnapdragon 8150 (SM8150) が搭載されることが分かりました。

SM8150QualcommはAlways Connected PC向けにSnapdragon 850を提供しており、スマホ向けSoCとPC向けSoCでネーミングが同じだと紛らわしくなるため、Snapdragon 845の後継は855ではなく8150になるとされていましたが、確かにSDM855ではなくSM8150になるようです。

これまでの「SDM」と違い「SM」8150となっており、内部的なコードネームはmsmnileだとされています。(SM、nileとどこかで聞き覚えが…)

 

また、「JP1N1」とコメントが付いているPM-1170-BVの情報もアップロードされています。

JP1N1これまではG8441などのモデル番号が書かれていたのですが、「JP1N1」はこれまでの法則とは大きく異なっています。

2019年には国内3キャリアで5Gの試験導入が始まるため、そのテスト端末も兼ねたSM8150搭載Xperiaを開発している、という可能性もあります。

  • PM-1180-BV
  • PM-1181-BV
  • PM-1183-BV
  • PM-1184-BV
  • PM-1190-BV
  • PM-1191-BV
  • PM-1192-BV
  • PM-1193-BV
  • PM-1200-BV
  • PM-1201-BV
  • PM-1202-BV
  • PM-1203-BV

についてはXperia Companionで初期化したりデータ転送したりできないよう制限されているのですが、PM-1170-BVについてはブラックリストに入っていませんでした。

まだ社内でのプロトタイプ制作の段階で、外部のテスターには配布していないのかもしれません。

【11/10追記】
SOMCの国内サーバーより、ビルド番号55.0.A.0.298のアクセスがありました。この端末はGPUに未発表のAdreno 640を搭載していることから、SM8150を搭載したモデルと思われます。

Xperia XZ3のビルド番号は52、XA3と思われるモデルは53から始まっているため、L3と思われるモデルは54から始まるのだと思います。

 

なお、SM8150の他には何もアップデートされておらず、今のところ未発表のものはXperia L3に搭載されると思われるHelio P22 MT6762だけです。Snapdragon 660や710については存在していません。

※スマホ評価・不具合ニュースやGazyekichiとiPeria、ESATOなどへの転載を禁じます。
スマホ評価・不具合ニュース (sumahoinfo.com) や GazyekichiとiPeria (gazyekichi-iperia.com) はデマや悪意のあるコンテンツばかり掲載しているため、信用しないようにしましょう。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。