Solid Explorer 2.0 – 日本語対応のマテリアルデザインファイラー

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Solid Explorer 2.0

数あるファイル管理アプリ (ファイルマネージャ、ファイラー)の中でも
多機能で人気がある「Solid Explorer」が、
Solid Explorer 2.0になってマテリアルデザインになりました。
翻訳プロジェクトの場所が見つけられず英語のままでしたが、
ようやく翻訳でき、9/27のアップデートで日本語表示に対応しました。


Google play Solid Explorer ファイル&クラウドマネージャ
Solid Explorer ファイル&クラウドマネージャ
制作: NeatBytes
評価: 4.7 / 5段階中
価格: 無料 (2015/9/30 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

下の画像のように、見た目がマテリアルデザインに
刷新されていますが、以前以上に多機能に仕上がっています。

旧版との違い

Solid Explorerの機能は多すぎて説明しきれないので
起動時に表示されるガイドに書いてある機能を説明していきます。

ローカルとクラウド

まず、Playストアのアプリ名にもある「ローカルとクラウド」です。
以前のSolid Explorerではあくまでもローカルのファイル管理が
メインでしたが、2.0ではクラウドにも力を入れています。

ストレージ管理

左端をスライドして出るメニューのを押して、
「ストレージ管理」を選ぶと、FTPやWebDav、Dropboxに
Google Driveと様々なサービスに接続できる、
ネットワーク接続ウィザードを呼び出せます。
ローカルのファイル管理と同じ間隔で
PC内やクラウドにあるファイルを管理できます。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。