ついに10GB RAMの時代へ。20分で50%充電に対応の最速OnePlus 6T McLaren EditionがGearBestで販売中

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

ついに10GB RAMの時代へ。20分で50%充電に対応の最速OnePlus 6T McLaren EditionがGearBestで販売中

並のパソコンを超える10GB RAMを搭載したスマートフォン、OnePlus 6T McLaren EditionがGearBestで販売中です。


10GB RAM + 30W超高速充電

OnePlusがあのマクラーレンとコラボした特別モデル、OnePlus 6T McLaren EditionはなんとRAMを10GB搭載したAndroidスマートフォンです。

OnePlus 6T McLaren Edition
OS Android 9
RAM 10GB
ストレージ 256GB
プロセッサ Snapdragon 845
ディスプレイ 6.41インチ 2340 x 1080
サイズ 157.5 x 74.8 x 8.2 mm
重さ 185g
SIM Nano SIM
Dual SIM
メインカメラ 16MP + 20MP
フロントカメラ 16MP
バッテリー 3700mAh
USB端子 USB Type-C
ネットワーク FDD LTE: Band 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/ 19/20/25/26/28/29/30/32/66/71
TDD LTE: Band 34/38/39/40/41/46
TD-SCDMA: Band 34/39
UMTS(WCDMA): Band 1/2/4/5/8/9/19
CDMA: BC0/BC1
GSM: 850/900/1800/1900 MHz

10GB RAMを搭載するスマホはMi MIX 3などいくつか発表されているものの、市販されているスマホの中ではOnePlus 6T McLaren Editionが最速と言って良いでしょう。

CPUはSnapdragon 845、ストレージも256GBとスペックが高く、同じ10万円台のXperia  XZ3が4GB RAM・64GBストレージなのを考えると驚異的です。

ブートアニメーションなどの中身はもちろん、ハードのデザインも通常のOnePlus 6Tとは異なっており、かつてFormula 1で初めてカーボンファイバーが使われたことに合わせたカーボンファイバー素材の背面にはマクラーレンのロゴがあしらわれています。

周囲がオレンジのグラデーションになっているのも独特で格好良いですね。

背面OnePlus 6T McLaren Editionは10GB RAMを世界最速で搭載しただけでなく、普段使いの使い勝手に影響する充電速度も、新技術 Warp Charge 30 で大きく進化を遂げています。

30Wとノートパソコンを充電できるレベルの電圧・電流を流しつつ温度制御をすることで、20分で50%まで急速充電できるとしており、実際にXDAでのテストでもDash Chargeを押さえる圧倒的な充電速度を誇っています。

 Warp Charge 30 OnePlus 6Tと同じく水滴型ノッチの6.41インチ 2340 x 1080 AMOLEDディスプレイには画面内指紋センサーも搭載されており、背面指紋センサーが嫌いな人にもおすすめできるスマホです。

マルチタスクも充電速度も快適にしたい、という方はOnePlus 6T McLaren Editionを買ってみてはいかがでしょうか。

McLaren Editionを購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。