48MPに防水、新生Redmi Note 7が発売。SDM660にQC4対応4000mAhバッテリー搭載【$173.89~】

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

48MPに防水、新生Redmi Note 7が発売。SDM660にQC4対応4000mAhバッテリー搭載【$173.89~】

Xiaomiから独立したサブブランドとして生まれ変わったRedmiから、48MPカメラにSnapdragon 660を搭載したRedmi Note 7が発表されました。早速GearBestでも販売開始されています。


ミドルレンジ最高峰のスペック

Redmiシリーズといえば低価格ながらも他社の同価格帯よりスペックが良いコスパが特徴ですが、Redmi Note 7でもコスパの良さは変わりません。

ミドルレンジとして安心感のあるSnapdragon 660を搭載する上、ハイエンド機種でもなかなか搭載していない48MP + 5MPのデュアルカメラ、USB PD / Quick Charge 4対応の4,000mAh大容量バッテリー、しかも3.5mmイヤホンジャックありでmicroSDカード対応、とノッチがあること以外は完璧です。

しかも今回からは防水・防塵にも対応します。IP認証こそないものの、水しぶきや埃などへの対策には十分なレベルです。

OS Android 9
CPU Snapdragon 660
メモリ 3GB/4GB/6GB
ストレージ 32GB/64 GB (microSDカード対応)
ディスプレイ 6.3インチ 2340×1080 IPS
メインカメラ 48MP + 5MP
インカメラ 13MP
 バッテリー 4000mAh
サイズ 159.2 x 75.2 x 8.1 mm, 186g
ポート USB Type-C (Quick Charge 4/USB PD対応)
3.5mmイヤホンジャック

背面に48MP + 5MPのデュアルカメラを搭載しており、4倍ズームしても綺麗なまま撮影できるとしています。

他社の48MPカメラ搭載スマホにはHUAWEIのHonor V20などがありますが、どれもハイエンド寄りで高価格ですし、48MPカメラが低価格で手に取れるのは素晴らしいです。

4xズーム
4xズーム

Snapdragon 660はバッテリーの持ちがMediaTekのCPUより良いですが、Redmi Note 7は4,000mAhの大容量バッテリーを搭載することで、さらに長時間利用できるようにしています。スタンバイで251時間、負荷の掛かる動画再生でも13時間持つとされています。

しかもUSB PD・Quick Charge 4に対応しているため、独自規格の充電器を揃えなくても他のスマホやノートパソコンと共用の充電器で急速充電できます。

Quick Charge 4に対応するスマホはハイエンド機種ですら数える程度ですし、ミドルレンジ機種で対応するというのはなかなか先進的です。

USB PD対応
USB PD対応

パネルには衝撃に強いゴリラガラス5が採用され、3.5mmイヤホンジャック・microSDカードスロット・USB Type-Cポートを持ちながらも防水・防塵に対応。

中国では品質アピールのため保証を12ヶ月から18ヶ月に伸ばすなど、品質面にもかなり力を入れてきています。

防水対応
防水対応

AliExpressでは3GB RAM版が$173.89、4GB RAM版が$206.99、6GB RAM版が$236.99で販売されています。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。