IMX586・48MPカメラ搭載UMIDIGI S3 Proが発売。Helio P70・6GB RAMにLTE B19対応

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

IMX586・48MPカメラ搭載UMIDIGI S3 Proが発売。Helio P70・6GB RAMにLTE B19対応

SONYのIMX586 48MPカメラを搭載したUMIDIGI S3 Proの販売が開始されました。


3万円で48MP+12MPのデュアルカメラ体験を

SOMCがXperia XZ4に搭載するであろうイメージセンサー、IMX586は有効4800万画素を誇るフラッグシップ製品です。48MPもあるためデジタルズームでも従来より綺麗に撮影できる、夜間でも低ノイズで明るい写真が撮れるという触れ込みで、おそらく今年のフラッグシップ製品で採用するメーカーも多いでしょう。

拡大も綺麗に
拡大も綺麗に

そんな中、いち早くIMX586を採用したのはUMIDIGIでした。

UMIDIGI S3 Proは48MP IMX586と12MP望遠レンズ、デュアルLEDフラッシュを搭載しており、フロントカメラにもIMX376を採用しています。

48+12MP
48+12MP

カメラだけでなく、他のスペックもミドルハイと呼べるレベルになっており、Snapdragon 660と同等以上のHelio P70に、6GB RAM、128GBストレージと十分です。

バッテリーも5,150mAhと大容量です。6.3インチ2340 x 1080ディスプレイを搭載していますが、これだけあれば問題なく1日使えるでしょう。

デザイン面では、Mi MIX 2Sなどハイエンド機種と同じくセラミックが採用されています。プラスチックのUMIDIGI F1よりも重い216gになってしまいましたが、その分高級感は高まっているはずです。

5150mAh
5150mAh

ネットワーク面でも優秀で、

3G: EVDO BC0,BC1
3G: WCDMA 1 /2 /4 /5 /6 /8 /19
3G: TD-SCDMA 34 /39
4G: TDD-LTE 34 /38 /39 /40 /41
4G: FDD-LTE 1 /2 /3 /4 /5 /7 /8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26 /28A /28B

と、プラチナバンドを含みかなり幅広く対応しています。DSDSにも対応しています。

DSDS
DSDS

OSはAndroid 9.0を搭載しており、UMIDIGI F1と同じくProject Trebleでカスタムロムを楽しむこともできます。

世界初の48MP IMX586をいち早く試したい方は、UMIDIGI S3 Proを購入してみてはいかがでしょうか。

現在UMIDIGI S3 ProはAliExpressで$299.99で販売されています。

UMIDIGI S3 Proを購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。