Miracast/DLNA/AirPlay対応LREGOドングルレシーバーレビュー。WindowsもAndroidもこれ1台で

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Miracast/DLNA/AirPlay対応LREGOドングルレシーバーレビュー。WindowsもAndroidもこれ1台で

Miracast/DLNA/AirPlay対応のLREGOドングルレシーバーをいただきました。


ボタン一つで対応タイプ切り替え

ケーブルではなく無線で映像出力できるワイヤレスミラーリングは便利ですが、機種毎にMiracastやらAirPlayやら様々な規格があって使い分けが面倒です。

LREGOドングルレシーバーであれば一台でMiracast/DLNA/AirPlay/Google Homeすべてに対応しているため、ボタン一つですぐ切り替えられます。

日本語説明書付き
日本語説明書付き

セットアップは簡単で、テレビやモニターのHDMIポートに差し込むだけです。

HDMIポートに挿すだけ
HDMIポートに挿すだけ

環境によってはHDMIポートからの給電だけでは動かないので、USB接続して電源供給しないといけない場合もあります。私の場合モニターのHDMIポートではUSB接続での供給が必要でした。

USBポート横に小さなボタンがあり、これを押すと接続モードを変えられます。

ボタン
ボタン

一つ目はAirPlay/DLNA/Chromeモードとなっています。iPhoneやiPad、Chromeなどから接続できるモードで、Wi-Fi設定からAvidet-***のSSIDを探してパスワード:12345678で接続しないといけません。

AirPlay/DLNA/Chrome
AirPlay/DLNA/Chrome

もう一つはMiracastモードです。WindowsやAndroidではこちらのほうが馴染みがあるかも知れません。

Miracast
Miracast

Windows 10では設定→ディスプレイ→ワイヤレスディスプレイに接続で接続できます。

ワイヤレスディスプレイに接続
ワイヤレスディスプレイに接続

右のアクションセンターの「接続」メニューで表示モードを切り替えられます。

接続先

動作はカクカクしていますが、動きがない場合はきれいに見られます。

ミラーリング

Androidからでも写真や動画のミラーリングができました。

動画は1080p 30FPSまでの対応となっているようで、60FPSの動画を再生すると画面が乱れます。ゲームには向いていなさそうです。

静止画

ミラーリングの設定をするだけでケーブル接続することなく簡単に映せますし、静止画メインのゲームやスマホに保存した写真を大画面で楽しみたい、という人にはおすすめです。

ただ、値段もそこまで変わりませんし、Fire TV Stickのほうが高機能で良いのではないかと思います。4K・HDR対応のFire TV Stick 4Kもありますし…。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。