無線イヤホンをNintendo Switchで。USB PD・aptX LL対応Bluetoothトランスミッター

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

無線イヤホンをNintendo Switchで。USB PD・aptX LL対応Bluetoothトランスミッター

Nintendo SwitchでBluetoothイヤホンを使えるように出来るUSB Type-C Bluetoothトランスミッターを購入したのでレビューします。


TV・携帯モード両対応

AliExpressで販売されているノーブランドのBluetoothトランスミッターで、Bluetooth 5.0・aptX Low Latencyに対応したものがあったので買ってみました。

Bluetooth 5.0 トランスミッター
Bluetooth 5.0
対応プロトコル aptX LL, aptX, SBC, A2DP, AVRCP, AFH, HFP, HSP
最大距離 10m
入力電圧 5V/9V/12V/15V
入力電流 3A
出力電圧 5V/9V/12V/15V
出力電流 3A
重さ 約10.8g

本体の他、ドック接続用のケーブルと説明書が付属します。一応説明書には日本語も書かれていますが、機械翻訳でよく分からない文章になっています。

一応日本語説明書付き
一応日本語説明書付き

Nintendo Switchの下部に直接挿せるよう、USB Type-Cになっています。黒いボタンを二回押すとペアリングモードになります。

A・Bと書いてある通り、2台までペアリング可能です。

USB Type-C

USB Type-C to USB Type-Aケーブルを挿すことでドックに挿した状態でも使えるようになる…のですが、USB Type-C メス (差し込む方) がついた変換ケーブルは規格違反で、誤った使い方をすると機器を破壊する可能性があります。

違反ケーブル

携帯モードで使っているときに充電できるようUSB PDに対応した入力ポートもあります。

便利ではあるのですが、上記のUSB Type-C to USB Type-Aケーブルを挿した状態でUSB PD充電してしまうと、本来5Vにしか対応していないUSB Type-A側に最大15V/3Aが流れてしまう可能性があります。規格違反である上、中華ノーブランド品が安全性を考慮しているとは思えないので、USB Type-C to USB Type-Aケーブルを挿した状態では絶対にUSB PD入力しないでください。

USB PD入力

プレイ中に15V/1A・16W程度で充電できることは確認出来ました。

USB PD充電
USB PD充電

Nintendo Switchに接続するとUSBオーディオとして認識されます。

このトランスミッターはバッテリー非搭載なので、Switchから電源供給を受けることになります。

USB機器

イヤホンを接続した後はNintendo Switch側の音量キーで音量操作できます。

aptXとaptX LLに対応しているため、aptX LL対応イヤホンなら低遅延で楽しめます。aptX・SBCの場合はワンテンポ遅れて聞こえるので、アクションゲームや音楽ゲームでは特に違和感を感じますが、aptX LL対応のゼンハイザー MOMENTUM True Wirelessで実際に試してみると遅延が気になりませんでした。

ドラマなど人がしゃべっている際も違和感なく聞けたので、Nintendo Switchだけでなく、PCやスマホに取り付けて使うのも良さそうです。

Nintendo Switchに付けてもPCに付けてもペアリング先はこのトランスミッター一つになるので、同時にペアリングできる台数が制限されているBluetoothイヤホンをいろいろな機器に繋ぎたい、という時にも役立ちます。

 

$17.24 (約1,880円) と安いので、Nintendo SwitchにBluetoothイヤホンを繋いで遊びたい、aptX LLでできるだけ低遅延にしたいという人におすすめです。

AliExpressで購入する

Amazon.co.jpでも同じようなトランスミッターがいくつか販売されていますが、Bluetooth 2.1Bluetooth 3.0対応なので接続性に難があるかも知れません。Switch風デザインのBluetooth 5.0対応品もありますが、5,600円と高いです。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ: ,
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。