Google Pixel 3aレビュー。コストカットを意識させない豪華な廉価モデル

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

Google Pixel 3aレビュー。コストカットを意識させない豪華な廉価モデル

Google Pixel 3a Purple-ishを購入したのでレビューします。他でも散々されてるので簡単に…。


コストカットしつつもPixelらしさはそのまま

Snapdragon 845を搭載したハイエンドモデルのPixel 3と異なり、Google Pixel 3aはSnapdragon 670を搭載した廉価モデルです。

とはいえ、よく他メーカーがやりがちな「ディスプレイの解像度を落としたり液晶にしたりする」「ストレージ容量を減らす」「質感を犠牲にする」「軽量化を重視しない」「急速充電非対応にする」といった、ユーザーの利便性に関わる部分での大幅なコストカットはされておらず、大多数の人にはこれで十分だといえるレベルに仕上がっています。

Google Pixel 3a
OS Android 9.0
RAM 4GB
ストレージ 64GB
プロセッサ Snapdragon 670
ディスプレイ 5.6インチ 2220 x 1080 Samsung OLED
サイズ 151.3 x 70.1 x 8.2 mm
重さ 147g
SIM Nano SIM
メインカメラ 12.2MP
フロントカメラ 8MP
バッテリー 3000mAh
USB端子 USB Type-C (USB PD対応)
ネットワーク UMTS / HSPA+ / HSDPA: バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
LTE: バンド 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 21 / 26 / 28 / 38 / 41

(詳しい仕様はこちら)

5月8日に注文し、5月14日に発送されました。香港倉庫を5/17に出発し、到着は5/19でした。

貨物状況
日付
営業所名
営業所コード
荷受
2019/05/16
香港ヤマト運輸(東日2)
086530
出荷
2019/05/17
香港ヤマト運輸(東日2)
086530
到着
2019/05/18
羽田クロノゲート支店
541720
輸入通関
2019/05/18
羽田クロノゲート支店
541720
国内発送
2019/05/18
国際宅急便サービスセンター
029970
配達完了
2019/05/19
センター            
プチプチ梱包
プチプチ梱包

Purple-ishはライトに照らされていると紫っぽく見えるのですが、普段は白っぽくみえます。メントスみたいな色合いです。

パープル

付属品はなんとUSB Type-C to Type-Cケーブル、USB Type-A to Type-C変換アダプター (データ移行用)、USB PD 18W急速充電器です。

10万円以上するのにUSB Type-A 5W充電器しか付けない、USB Type-A to Type-Cケーブルしか付けないメーカーもあるというのに、約5万円のPixel 3aに付属してくるとは驚きです。

付属品

付属充電器は5V/3A、9V/2Aに対応しています。

18W

イヤホンは付いてきませんが、イヤホンジャックはあります。

イヤホンジャックを搭載しつつもBluetoothコーデックはaptX、aptX HDに対応しているので、有線でも無線でも音楽を高音質で楽しめます。

コストカットの一環でPixel 3aは防水ではなく防滴ですが、防水端末であっても駄目なときは駄目なので、気にするほどではないと思います。

イヤホンジャック

ディスプレイは品質管理が雑なLG pOLEDではなく、Samsung OLED搭載です。色合いや視野角も他社ハイエンドモデルと遜色ありません。

ディスプレイのガラスにはGorilla Glass 5ではなくDragontrailが使われている、ということで耐久性を少しでも上げるべく、今回は久しぶりに保護ガラスを貼りました。中華メーカーのSHINEZONE 保護ガラスを買いましたが、ディスプレイの端まで覆えて指滑りも良い上、2枚付いてくるので良い感じです。

今回は必要ありませんでしたが、2.5Dカーブガラスの端末に保護ガラスを貼り付けたときに端が浮いてしまう問題を解決できるという「神器」White Fillingも付いてきました。

保護ガラス

背面がガラス製なPixel 3と異なりPixel 3aの背面はポリカーボネート製なのですが、手触りはほとんど変わりません。Pixelらしいツートンデザインで質感も変わらないのですし、無理にコストカットした感じが出ていません。

FeliCaポートは指紋認証センサーのあたりにあり、実際にGoogle Pay + QUICPayを使ってみたところ「グイッグベェェ」といううめき声と共に決済できました。電源オフの状態でも決済できる…のですが、電源を切る前にNFCをオンにしておかないといけないようです。

カメラの出っ張り

指紋センサーをスワイプして通知領域を表示するオプションも用意されています。

指紋センサー

カメラは若干出っ張っています。

Pixel 3aではPixel Visual Coreが搭載されていないのですが、夜景モードでも5秒程度で処理が終わるので、Pixel Visual Core搭載のPixel 3と処理速度の面ではほぼ差は無いようです。1~2秒程度の差が気になる人には悩みどころかも知れませんが、そんな人はPixel 3aを買わないはずなので問題ないでしょう。

背面にはUSB Type-Cポートとスピーカーがあります。USB PD 18Wでの急速充電には対応している一方Qi ワイヤレス充電には対応していませんが、ワイヤレス充電は基本的に低速で効率の悪い贅沢品ですし、廉価モデルで無くしたのは合理的です。

Pixel 3はフロントステレオスピーカーでしたが、Pixel 3aでは上部のスピーカーのみ正面向きになりました。低音があまり出ない感じがしますが、動画再生には十分なレベルです。

USB Type-C

ソフトウェア面でもPixelらしく無駄なアプリがないAOSP + Pixel独自機能となっていて、握ってGoogleアシスタントを起動できるActive Edge、ふせるだけでサイレントモードにできる機能など、便利な機能が備わっています。

ふせてサイレント

廉価モデルなのにSamsung OLEDを搭載しているので、アンビエント表示 (Always On Display、AOD) も使用できます。アンビエント表示しているときにダブルタップして起動させるには、一旦「常にON」をオフにして「端末の画面をダブルタップして通知をチェック」をオンにしてから、「常にON」をオンにしないといけません。

AOD

Pixelらしさはそのままに手に入れやすいお手頃価格になっているので、10万円もするPixelシリーズには手が出せなかったという方、SIMフリーかつおサイフケータイ・FeliCa対応でアップデートが素早く降ってくるスマホが欲しいという方におすすめです。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー

カテゴリ:
コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。