音量キーで画面をオンにする

この記事の賞味期限は切れています。
投稿から1年以上経過しているため、情報が古い可能性があります。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入は自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。

音量キーで画面をオンにできるようにします。
ドコモROMでは最初からできるようになっていますが、海外ROMでは自分で変えないといけません。
まずandroid.policy.jarをデコンパイルします。
apktool.jarなどがあるフォルダにandroid.policy.jarをコピーした後Shiftキーを押しながら右クリックして
コマンドウインドウをここで開くを選択し、コマンドプロンプトで

apktool d android.policy.jar

と入力します。
android.policy.jar.outというフォルダが作られるので、そのフォルダを開いていって
android.policy.jar.out\smali\com\android\internal\policy\impl\PhoneWindowManager.smali
をテキストエディタで開きます。
「.method private isWakeKeyWhenScreenOff」でファイル内検索すると

このように見つかるので少し下にスクロールして、

    :sswitch_data_0
    .sparse-switch
        0x18 -> :sswitch_0
        0x19 -> :sswitch_0
        0x1b -> :sswitch_1
        0x4f -> :sswitch_1
        0x55 -> :sswitch_1
        0x56 -> :sswitch_1
        0x57 -> :sswitch_1
        0x58 -> :sswitch_1
        0x59 -> :sswitch_1
        0x5a -> :sswitch_1
        0x5b -> :sswitch_1
        0x7e -> :sswitch_1
        0x7f -> :sswitch_1
        0x82 -> :sswitch_1
        0xa4 -> :sswitch_0
    .end sparse-switch
.end method

の0x18 -> :sswitch_0と0x19 -> :sswitch_0の二行を削除してください。
ファイルを上書き保存した後コマンドプロンプトで

apktool b android.policy.jar.out

と入力するとandroid.policy.jar.outフォルダ内にbuildフォルダが作られるので開き、
classes.dexをデスクトップなどにコピーします。
元のandroid.policy.jarを7zipやWinRARなどで開き、無圧縮(圧縮なし)で上書きしてください。
zipを作るなりしてインストールすれば完了です。


Sony Mobile Communicationsのスマートフォン、Xperia向けのカスタマイズや便利なツールを紹介しています。Xperia X PerformanceとZ4 Tabletを使用中で、Androidアプリも開発しています。

Twitter: @AndroPlus_org

コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。
Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。