ARZOPA 13.3インチモバイルモニターレビュー。WQHD解像度、Switchドックなし接続にも対応

ARZOPA 13.3インチモバイルモニターレビュー。WQHD解像度、Switchドックなし接続にも対応

ARZOPA 13.3インチモバイルモニターを貸し出していただきました。


Switchを直接接続して使うことも

ARZOPA 13.3インチモバイルモニターは2560 x 1600 (WQHD) 解像度のポータブルモニターです。

通常のノートPCやスマホはもちろん、Nintendo Switchもドックを使うことなく直接USB Type-Cケーブルで接続して使えてしまえるという便利機能を備えており、電源さえあればどこでも大画面で楽しめるようになります。

 

ARZOPA 13.3インチモバイルモニターにはケース、充電器、給電用USB Type-Cケーブル、USB Type-C to Cケーブル (映像出力対応)、mini HDMIケーブル、清掃用の布、説明書が付属しています。

ARZOPA 13.3インチモバイルモニター

説明書は機械翻訳ではあるものの日本語で記載されています。

説明書

ケース込みでの重さは626gでした。

重さ

左側に入力ポートが揃っており、mini HDMIやUSB Type-Cケーブルで映像入力できます。

電力が十分であればUSB Type-Cケーブル一本で映像出力と電源供給ができますが、スマホを接続する場合など電力が足りない場合はもう一つのUSB Type-Cポートで充電器と繋いで電源供給しないといけません。

左側

右側にはボタンや3.5mmイヤホンジャックなどがあります。

右側

アスペクト比16:10でノートPC向き

ARZOPA 13.3インチモバイルモニターはNintendo Switchのドックの代わりに使う機能が標準搭載されており、純正ACアダプターで電源供給してしまえばNintendo Switch本体とモニターをUSB Type-C to Cケーブルで接続するだけで映像表示させられます。

遅延は特に問題なく、快適にプレイできました。

Nintendo Switch

ただ、ARZOPA 13.3インチモバイルモニターはアスペクト比が16:10のため、少し崩れた表示になってしまいます。

設定にはアスペクト比を変更するオプションがなかったため、16:10で固定のようです。

16:10

Windows PCなどで接続すればちゃんと2560 x 1600解像度で表示してくれます。

Windows

有機ELディスプレイと比べるとさすがに発色に大きな差がありますが、単体で使えばそれほど気にならないことが多いです。

ARZOPA 13.3インチモバイルモニターにはスピーカーも付いておりステレオ再生が可能です。

低音や高音が出にくいものの音量は十分出せるようになっているため、音質を求めない用途であれば十分使えると思います。

発色

明るさや色温度、黒レベルなどは設定から変更できるため、好きなようにカスタマイズできます。

設定

音量は100段階で調整できます。

ブルーライトカット、HDRやFreeSyncのオンオフも可能です。

設定

 

ARZOPA 13.3インチモバイルモニターはアスペクト比16:10・WQHDと高解像度で、15インチサイズのものよりコンパクトで持ち運びやすく、サブディスプレイにぴったりです。

せっかくNintendo Switchをドックなしで使えるならアスペクト比を強制的に16:9にするオプションがあれば良かったのですが、ノートPC・スマホ用なら特に問題なく使えます。

スマホからのUSB Type-Cケーブル1本での映像出力でも十分な明るさに上げられますし、使い勝手は良いです。

 

ARZOPA 13.3インチモバイルモニターは2021/09/20現在Amazonにて27,999円で販売されており、11,000円OFFクーポンが配布されています。

特別クーポンAZP01000を使うことでさらに1,000円OFFとなります。

公式サイトでも販売されており、こちらもクーポンAZP01000で$60オフになります。

公式サイト

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。