ChargerLAB POWER-Z KM002Cレビュー。240W対応、オス・メスともにUSB-Cで使いやすいUSB PDテスター

接続

評価: 4.5

ChargerLAB POWER-Z KM002Cを購入しました。


入力・出力・PC接続すべてUSB Type-Cポート

ChargerLAB POWER-Z KM002CはUSB充電器の入出力をテストするためのUSBテスターです。

KotomiPremiumやTC66CなどいくつかUSBテスターは他にもありますが、USB Type-AやmicroUSBポートを採用している他製品と違ってPOWER-Z KM002CはすべてのポートでUSB Type-Cを採用しています。

POWER-Z KT001 Kotomi Premiumレビュー。USB PDトリガー/キャプチャもできる多機能テスター – AndroPlus
POWER-Z KT001 (Kotomi Premium) を購入しました。 PCでのUSB PDキャプチャもできる、Kotomi Proの強化版 POWER-Z KT001は、電圧・電流のチェックやUSB PDトリガーなどを備えた多機能テスター、Kotomi…
POWER-Z KT001 Kotomi Premiumレビュー。USB PDトリガー/キャプチャもできる多機能テスター - AndroPlus

RD TC66Cレビュー。USB Type-Cポートに直接挿せるPD 100W対応万能テスター – AndroPlus
USB Type-Cテスター、RD TC66Cを購入しました。 格安なのにPD100Wやトリガーに対応 USB Type-CテスターにはPOWER-Z KT001 (Kotomi Premium・AVHzY CT-2)やPOWER-Z KM001 (KING…
RD TC66Cレビュー。USB Type-Cポートに直接挿せるPD 100W対応万能テスター - AndroPlus

ChargerLAB POWER-Z KM002C

旧モデルに比べて画面が1インチ→1.3インチに大画面化しているほか、電圧は50Vまで対応しているためUSB PD 3.1、USB PD Extended Power Range (EPR) 48V/5A = 240Wなどにも対応しています。

ちなみに中国国内ではPower-Z Redmi 定制版としてXiaomi・Redmiとコラボしたバージョンがレビュアー向けに配布されていました。

仕様一覧

ミヤビックスさんに保護フィルムを作成していただきました。

埃や指紋が付いていると見にくいですし、アンチグレアタイプのOverLay Plusがおすすめです。

左側面にあるのがPCとの接続用のポートで、下側面は充電器などから繋げるための入力ポートです。

USB Type-C

右側面に4つのボタンが付いています。

全部同じ見た目なのでややこしいですが、一応アイコンで説明はされています。

■が決定ボタンで、▲▼でメニューの移動をします。

矢印ボタンを押すことで画面を0・90・180・270°に回転させられるので、どの向きにポートがあっても見やすくできます。

裏面

私の個体だとディスプレイが微妙に斜めに付いてしまっていました。さすが中国…。

電圧・電流・電力が見やすく、使用中のプロトコルも表示されます。

ただしPPSを拡張したような独自規格の充電器の場合は間違った表記になることがあります。

【2022/08/01追記】Xiaomiの独自規格や10Aに対応したファームウェアが公開されました。

The New Firmware of Power-Z KM002C Now Supports Up to 10A
IQOO recently launched the iQOO 10 Pro and a 200W GaN charger. The 200W flash charging and 10A high current power are very fast for smartphones, even faster than some gaming laptops. So, ChargerLAB has updated the latest firmware of POWER-Z KM002C to support the 10A high current power test.…

104W

リアルタイムのグラフ表示も可能です。

グラフ

出力状況やグラフのほか、充電器の対応プロトコル検出、トリガーなどもできます。

USB PDのPDOもチェックできます。

メニュー

Auto detectionでは、USB PDのほかQuick Charge 2.0/3.0やFCP、SCP、SuperVOOCなど充電器が対応する充電規格を表示してくれます。

急速充電規格

eMarkerをチェックする機能もあります。

モジュール

5A対応ケーブルにはeMarker搭載が義務付けられているので、商品説明では5Aと謳っているのにここのSpecsで何も情報が出なかったり、3Aなどと出たりしていれば偽物ということになります。

eMarker

設定で画面の明るさを調整できます。

言語は残念ながら英語か中国語かしか選べません。

設定

ChargerLABのサイトからPCソフトをダウンロードすれば、Windows PCと接続してPC上でデータを見ることもできます。

POWER-Z Technical Support
Welcome to POWER-Z technical support page. Purchase link: 🔗Amazon (US)🔗Taobao Please select your product to redirect to the corresponding support page 🔗KM002C KT002 KT001 KM001Pro KM001C Our site is temporarily in fixing. Please use Google Drive or Dropbox to download the…

接続

電流・電圧・電力のリアルタイムでグラフ表示できます。

グラフ

プロトコルアナライザとしても利用でき、USB PDのGoodCRCやPPS_Statusなどを細かく確認できます。

POWER-Zシリーズが出る前は数万円するUSBテスターでないと確認できなかったことを思えば、1万円以下のテスターでも確認できるとは良い時代になったものです。

プロトコル

 

ChargerLAB POWER-Z KM002CはUSB PD 3.1・USB PD EPR 240Wに対応するなどこれから普及し始める充電器のテストにぴったりなUSBテスターです。

大画面で見やすいですし、USB Type-Cポートに挿して使えるため別途ケーブルを用意する必要がなく、簡単です。

 

タオバオで公式に販売されているものは368CNYなのですが、残念ながら中国国内にしか発送してくれないのでBuyandshipなどの転送サービスを使わないといけないため面倒ですし、送料・転送手数料がかかってしまいます。

AliExpressなら公式価格よりは高いものの、手間がありません。

米AmazonではChargerLAB公式出品のものを$99.99で購入できます。

AliExpressで購入する

米Amazonで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。