Coolpo AI Huddle MINIウェブカメラ レビュー。自動追尾・オートフレーミング & 110°超広角

LED

Coolpo AI Huddle MINIウェブカメラをいただきました。


自動で顔を追尾してくれるウェブカメラ

Coolpo AI Huddle MINIは、110°超広角でAI顔認識により常に顔が中央に映るように調整してくれるウェブカメラです。

Coolpo AI Huddle MINIウェブカメラ

付属品はカメラカバー、USBケーブルと日本語説明書です。

付属品

モニター上部に取り付けられるほか、底部のネジ穴を使って三脚で立たせることもできます。

三脚

裏面には電源供給用のUSB Type-Cポートと、イヤホンジャックがあります。

イヤホンジャック

初期状態ではAIオートフレーミングが有効になっていますが、背面のボタンを押すことで通常の110°超広角モードに変更できます。

ボタン

カメラが使用中かどうかは前面のLEDで分かります。

通電しているだけでカメラ映像を映していないときは赤色に光ります。

スピーカーは搭載していないもののマイクは6つ搭載しており、ノイズを軽減してくれます。

LED

映像を映しているときは青色に光ります。

付属のレンズカバーを付ければ物理的にカメラを覆えるため、映して欲しくないときに手軽かつ確実に隠せます。

カバー

最大4K解像度の映像でウェブ会議ができます。

Google Meetなどでは720pまでなので活かせないですが、対応アプリなら綺麗な映像になります。

720p

AI自動追尾モードでは顔を自動認識して、中央に映るようズームしてくれます。

反応はスムーズでした。

複数人いる会議では最大7つまで画面を分割してくれる機能も使えます。

 

Amazonでは2022/07/24現在67,000円で販売されており、20%オフクーポンが配布されています。

Amazonで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。