Donner Dobuds ONEレビュー。30dBノイキャン対応完全ワイヤレスイヤホン

Donner Dobuds ONE

評価: 4.5

Donner Dobuds ONE完全ワイヤレスイヤホンをいただきました。


アクティブノイズキャンセリング対応TWS

Donner Dobuds ONEは-30dBのアクティブノイズキャンセリングに対応した完全ワイヤレスイヤホンです。

Bluetooth 5.2で、AACコーデック対応です。

Donner Dobuds ONE

付属品はUSB Type-A to Cケーブル、イヤーピース、説明書です。

付属品

Mサイズは最初から装着されています。

XS、S、M、L、XLと5種類付属しているため、どんな耳の形でも合いやすいと思います。

イヤーピース

ケースはマットで、指紋が付きにくいです。

見た目が汚くならないので良いですね。

ケース

USB Type-Cポートで充電でき、最大32時間使用できます。

15分充電して2時間再生できる急速充電対応で、USB Type-C to Cケーブルでも充電できました。

USB Type-C

12mmダイナミックドライバを搭載しています。

Donner Dobuds ONE

タッチ操作で音量操作などができます。

マイクが4つ搭載されており、通話中のノイズ低減も可能です。

IPX4防水です。

イヤホン

12mm LCPダイナミックドライバーとカスタムバランスドアーマチュアを搭載しています。

ダイナミックドライバーの高域不足をバランスドアーマチュアで効果的に補い、バランスドアーマチュアの中低域性能を維持しつつ音をより豊かに・繊細にしてくれるそうです。

12mm

イヤホン両耳の重さは9gです。

重さ

ケース込みだと46.4gです。

持ち運びの際に邪魔になることはないでしょう。

ケース

アプリでイコライザー調整などが可能

Donner Connectアプリを使うと、イコライザーで自分好みの音に調整できます。

イコライザ

ノイズキャンセリングのモードも変更できます。

また、イヤホンをタッチしたときのアクションも好みに合わせて変更できます。

ノイズキャンセリング

AACコーデック対応

Donner Dobuds ONEはAACコーデック対応のため、iPhoneなどでも音質の良い状態で聞けます。

AAC

Superpowered Latency Test・OpenSL ESで計測した遅延は376msでした。

遅延

スピーカーだと14のXiaomi 12S Ultraでのデレステのタイミング調整結果では43となりました。

43

重低音が特に強め

定位感

定位感は特に問題なく、近い音は大きく聞こえ上下左右の動きもはっきり感じられました。

アクティブノイズキャンセリング

右耳を3回タッチすることで、アクティブノイズキャンセリング (ANC) をオンにできます。

オフ・オン・トランスペアレントモードがあり、トランスペアレントモードだと周囲の音が聞きやすくなります。

ANCをオンにすると、PCのファン音などが聞こえなくなり、うるさい掃除機の音も遠くで少し鳴っている程度に抑えられました。

低音

低音がかなり強めで、響くような重低音を楽しめます。

ボーカルは若干ですが離れた位置から聞こえるように感じました。

高音

ハイハットなど高音はくっきりとしており、低音に負けず明瞭に聞こえます。

音によっては、若干シャリシャリとした感じになることがありました。

音の分離感が良いように感じます。

 

コンパクトながらもアクティブノイズキャンセリングでしっかりとノイズを軽減してくれますし、低音だけでなく高音もクリアに聞こえるため、手軽に音楽に集中して聞きたいときにDonner Dobuds ONEは良いと思います。

2022/12/01までAmazonでは5,999円で購入できます。

Amazonで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。