DSUでのGSIインストールが楽になるアプリDSU Sideloaderがリリース。root化済みならPCなしでできる

DSUでのGSIインストールが楽になるアプリDSU Sideloaderがリリース。root化済みならPCなしでできる

DSUでのインストールを簡単にできるアプリがリリースされました。


root化済みならスマホ単体で完了

Android 10から搭載されたDynamic System Updates (DSU) を使うと、今のシステムイメージを書き換えることなくGSIを起動して使えます。

お試しでカスタムROMを使ってみたり、root化できない状況でシステムイメージをバックアップしたりする時に便利なものの、インストール時にはファイルの準備やコマンド入力が必要でなかなか手間が掛かります。

DSU Loaderを使ってシステムを汚さずGSI・カスタムROMを起動する方法。擬似デュアルブートも可能 – AndroPlus
Dynamic System Updates (DSU) を使って、システムイメージを壊さずにGSI・カスタムロムを起動させる方法を紹介します。 データは残したままデュアルブートできる AndroidでカスタムROMを使いたいときは、これまでだとfastboot flash system…
DSU Loaderを使ってシステムを汚さずGSI・カスタムROMを起動する方法。擬似デュアルブートも可能 - AndroPlus

そこで役に立つのがDSU Sideloaderです。

アプリ上でGSIのインストールに必要な準備をすべてやってくれるため、root化済みなら何もコマンド入力が必要ありません。

非rootでもファイルの準備まではやってくれるので、後はコマンド入力するだけの状態になります。

なお、GSIの起動にはBootloader Unlockが必要です。

GitHubでダウンロード

v1.01では英語ですが、日本語翻訳を追加するようプルリクエストしました。

 

DSU Sideloaderを最初に起動したときは、一時ファイルを保管するためのフォルダーへのアクセス権を許可しないといけません。何か適当にフォルダーを選んでください。

次に、インストールしたいGSIのイメージファイル (xz、gz、img形式) を選んだフォルダーにコピーして「インストールする GSI ファイルを選択」で選んでください。

GSI起動時のユーザーデータのサイズを大きくしたければ、「ユーザーデータのサイズ」のチェックを外して変更してください。

DSU Sideloader

「DSU で GSI をインストール」を押すとインストールが始まります。

非rootの場合は表示されたコマンドをPCで実行してください。

インストールが始まるとDynamic System Updatesの通知が出ます。

インストールが完了すれば、「再起動」を押してGSIを起動できます。

DSU

なお、設定ではデフォルトのユーザーデータサイズを2~32GBで変更できます。

システムのバックアップ用なら32GBもあれば十分でしょう。

設定

DSU Sideloaderのおかげで、GSIのテストが楽になりました。

今のシステムイメージに影響を与えることなくGSIを気軽に試せるので、一度使ってみてください。

GitHubでダウンロード

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: , ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。