eMeet C965 200万画素ウェブカメラ発売。1080p@30fps、オートフォーカスや自動補正対応

この記事の賞味期限は切れています。掲載内容や情報が古い可能性があります。

eMeet C965 200万画素ウェブカメラ発売。1080p@30fps、オートフォーカスや自動補正対応

広告あり

eMeet C965 200万画素ウェブカメラが発売されました。

1080p@30fps対応

eMeet C965は200万画素のウェブカメラで、96°の広角レンズを採用しており1080p@30fpsに対応しています。

720pまでのウェブカメラより高精細な画像でウェブ会議やビデオ通話ができるようになります。

1080p@30fps

プラグアンドプレイのためドライバーのインストールは不要で、SkypeやZoom、Google Meetなどで使えます。

別途ソフトをインストールすればホワイトバランスや明るさなどを調整することもできます。

プラグアンドプレイ

オートフォーカス対応のため、顔を動かしてもすぐにピントを合わせてくれます。

暗い場所では自動でホワイトバランスを調整してくれるそうです。

オートフォーカス

ノイズリダクション機能搭載のマイクを2基搭載し、360°全方向から集音できるとのことです。

マイク

Amazonにて2021/12/29現在4,999円で販売されており、40%オフクーポンが配布されています。

Amazonで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,

技適の無い機器の使用は自己責任です。
中国版デバイスは日本語に対応していないものが多いため、ADBコマンドでの日本語化が必要です。
root化済み・非rootそれぞれのやり方はこちらの記事を参考にしてください。