GearBest親会社、破産申請。2020年度はユーザー数減も影響は限定的で「通常通り営業中」

GearBest親会社、破産申請。2020年度はユーザー数減も影響は限定的で「通常通り営業中」

海外通販サイトGearBest親会社の債権者が破産申請を開始しました。GearBest本体は通常通り営業中のようです。


サプライヤーへの支払い遅延

GearBestは深圳市环球易购电子商务有限公司 (环球易购、Shenzhen Global Egrow E-Commerce Co., Ltd.) が運営している海外通販サイトで、中華スマホ黎明期にはかなり人気でした。

今となっては他のECサイトやAliExpress、京東といったライバル店舗が続々と頭角を現したことで存在感が薄いものの、知名度でいえばかなりのものでしょう。

ところがそのShenzhen Global Egrow E-Commerce Co., Ltd.の債権者が2021年6月4日、破産申請を開始したことが明らかになりました。

破産申請

現在サプライヤーへの支払いに遅延が生じており、一部は支払われているものの支払い待ちのサプライヤーも多いようで、今回は融資している銀行 (債権者) がしびれを切らして破産申請に踏み切ったという形です。

あくまで債権者が破産申請しただけで、現時点で親会社の破産が決定したわけではありません。

実際の所、私もGearBestのアフィリエイト報酬振り込みを2021年1月に依頼して支払われたのは4月だったという経験があるので、確かに支払い周りは苦しくなっているようです。

 

GearBestの売上報告を見ると2019年度に比べ2020年度はユーザー数が減少していることが分かります。

しかし、売上としてはサードパーティー、つまりGearBest以外のAmazon・AliExpressなどでの販売のほうが大きい状態のようです。

売上

Shenzhen Global Egrow E-Commerce Co., Ltd.は様々な事業を手がけていますがGearBestの売上が極端に悪いということはなく、GearBestが原因で親会社の破産申請につながったというわけではなさそうです。

ランキング

GearBestの営業担当にコメントを求めたところ「don’t worry , Gearbest still works as usual (心配ありません、GearBestはまだ通常通り営業しています)」とのことでした。

破産申請されたからといって急にGearBestがサービス終了する、ということはないはずなので大きく騒ぎ立てるほどではないですが、今後の動向に注目です。

 

スマホ一つをとっても急速に低価格化とミドルレンジの拡大が広がり、価格競争が激しくなったことで利益を出しにくい構図となっており、価格競争に負ければ「豊富なラインナップ」は「膨大な不良在庫」に様変わりしてしまいます。

GearBest親会社を皮切りに、グローバルな通販サイトの淘汰が始まろうとしているのかもしれません。

GearBest

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。