グローバルROMのRedmi K50 Proが特価$419に。Redmi K50Gは$445、Xiaomi スマートバンド 7も$37.99

グローバルROMのRedmi K50 Proが特価$419に。Redmi K50Gは$445、Xiaomi スマートバンド 7も$37.99

グローバルROM版のRedmi K50 Proなどがセール中です。


Dimensity 9000に2K AMOLED搭載Redmi K50 Pro

Xiaomi Redmi K50 Proに搭載されているMediaTek Dimensity 9000では、TSMC 4nm 製造プロセスを採用したことで高クロック状態ではSnapdragon 8 Gen 1を上回るパフォーマンスをたたき出せるようになりました。

高いパフォーマンスを維持できるよう、3950m㎡ものべイパーチャンバー放熱プレートも搭載されています。

LPDDR5メモリ+UFS 3.1ストレージを搭載し、最新のBluetooth 5.3にも対応しています。

放熱プレート

原神の60分のプレイテストでは平均59fpsと、スマホでありながらも放熱に余裕のあるタブレットと同じぐらいのフレームレートを出せたという結果になっています。

原神

実際に私が実機で原神を最高画質・60FPS設定で動かして計測すると、平均55.2FPSでした。

消費電力を考慮するとかなり効率が良く、Snapdragon 8 Gen 1より低い消費で滑らかな表示を楽しめます。

Redmi K50 Proレビュー。大躍進のMediaTek Dimensity 9000搭載、原神を平均55FPSで遊べるパワフル格安機 – AndroPlus
Xiaomi Redmi K50 Proを購入しました。 Snapdragon 8 Gen 1を超えるCPU性能 Redmi K50 ProはMediaTek Dimensity 9000を搭載したスマートフォンです。 これまでのMediaTek…
Redmi K50 Proレビュー。大躍進のMediaTek Dimensity 9000搭載、原神を平均55FPSで遊べるパワフル格安機 - AndroPlus

原神

RedmiシリーズはXiaomi (Mi) シリーズより安めのラインナップであることが多いものの、今回のRedmi K50 ProではXiaomi 12 Proと同じく独自の充電制御チップSurge P1を搭載し、5,000mAhのバッテリーを19分で満充電できる120W急速充電にも対応しています。

P1

さらにカメラの面では、Dimensity 9000内蔵のImagiq 790 + APU 590のおかげで撮影速度が1倍撮影で30%、2倍で58%高速化されたそうです。

また、OIS (光学式手ぶれ補正) も対応しています。

K50 Proは108MPカメラを搭載しています。

カメラ

ディスプレイはSamsung製2K解像度・526ppiのAMOLEDを採用しており、ハイエンド機種に勝るとも劣らない画質です。

ディスプレイ

DisplayMate でもA+認定を受けており、Gorilla Glass Victusが使用されています。

ディスプレイ

Redmi K50 ProはAliExpressではグローバルROM版が販売されており、6月20日まで$419~で購入できます。

AliExpressで購入する

Snapdragon 8 Gen 1搭載、高音質スピーカー搭載Redmi K50G

Xiaomi Redmi K50Gはゲーミング向けに特化したスマートフォンです。

格安ながらもSnapdragon 8 Gen 1を搭載しています。

GPU

高速なUFS 3.1ストレージ、LPDDR5メモリを搭載しており、IO Turbo技術により300%高速化されているそうです。

4700mAhバッテリーを搭載し、120W急速充電に対応しておりたった17分で満充電できるそうです。

4860mm2、新しいVC材料により放熱性能は40%高まっているそうです。

放熱

原神は57FPSでプレイでき、30分プレイしても44℃に収まるそうです。

実際に私が原神を最高画質・60FPS設定と最高負荷で動かして計測すると、平均51.4FPSでした。

Xiaomi Redmi K50G レビュー。SD 8 Gen 1搭載、17分で満充電できる120W充電に高い放熱性能 – AndroPlus
Redmi K50 Gaming Editionをレビューしました。Snapdragon 8 Gen 1を搭載し、ゲーム用に物理ショルダーボタンを搭載したり放熱性能を強化していたり、とゲーム性能に特化したスマートフォンです。…
Xiaomi Redmi K50G レビュー。SD 8 Gen 1搭載、17分で満充電できる120W充電に高い放熱性能 - AndroPlus

原神

また、ゲーミング要素としてカメラ周りにLEDが搭載されており、点灯させられます。

ショルダーボタンも付いているので、対応ゲームであれば画面を触ることなく簡単に操作できます。

ショルダーボタン

ディスプレイは120Hzリフレッシュレート対応のAMOLEDで、耐衝撃性能が高まったGorilla Glass Victusが使用されています。

DisplayMateでも15項目でA+評価を受けているそうです。

スピーカーはJBLチューニングで、高音と中低音が別々に処理されています。

ディスプレイ

Redmi K50GはAliExpressではグローバルROM版が販売されており、6月20日まで$445~で購入できます。

AliExpressで購入する

常時オンディスプレイ対応になったXiaomi スマートバンド 7

Xiaomi スマートバンド 7は前モデルからさらに大画面にアップグレードされており、輝度500nitsの1.62インチAMOLEDディスプレイを搭載しています。

常に時計を表示しておける『常時オンディスプレイ』にまで対応したため、腕を上げなくても素早く時刻をチェックできるようになりました。

ディスプレイ

マグネット充電対応でバンドを取り外す手間がなく、くっつけるだけで充電を始められるので楽です。

バッテリー持ちは通常利用で15日ほどだそうです。

マグネット充電

心拍数に加え、血中酸素レベルの定期的な自動測定にまで対応しているので、自分の健康状態をより詳しく把握できます。

血中酸素レベル

Xiaomi スマートバンド 7はプロモコードMIBAND7にて$37.99で購入できます。

AliExpressで購入する

1.47インチ画面のHuawei Band 7

HUAWEI Band 7は1.47インチのAMOLEDディスプレイを搭載し、14日間のバッテリー持ちです。

HUAWEI Band 7

$44.32で購入できます。

AliExpressで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。