高性能8.8インチタブレットLenovo Legion Tab Y700に新色登場。背面の色が動きに合わせて変わる

カラー

高性能8.8インチAndroidタブレット、Lenovo Legion Tab Y700に新色が登場しました。


ゲームプレイに合わせて色が変わる背面デザイン

Lenovo Legion Tab Y700はSnapdragon 870を搭載した8.8インチAndroidタブレットです。

激安タブでは8インチクラスがいくつか展開されていますが、Snapdragon 8シリーズクラスのハイエンドなものは唯一無二といっても過言ではありません。

Lenovo Legion Tab Y700レビュー。待望のハイエンド8.8インチタブレット、原神を平均57fpsで遊べる – AndroPlus
Lenovo Legion Tab Y700を購入しました。 8.8インチ画面に3.5mmイヤホンジャックやmicroSDカードも 2021年以降ハイエンドなAndroidタブレットが各社から続々と登場していますが、どれもこれも10インチ以上のものばかりでした。 Lenovo Legion Tab…
Lenovo Legion Tab Y700レビュー。待望のハイエンド8.8インチタブレット、原神を平均57fpsで遊べる - AndroPlus

そんなLenovo Legion Tab Y700に新色が追加されました。

これまで販売されていたカラーは黒色のみでしたが、新色「冰魄白」と「炫光蓝」は、白色と水色のデザインになっています。

新色

単なる色違いではなく、ゲームプレイなどの動きに合わせて色が変化するという面白い構造になっており、プレイ中に周囲の人も楽しませられます。

カラー

Lenovo Legion Tab Y700は8.8インチ2560 × 1600解像度のディスプレイを搭載しています。

リフレッシュレートは120Hzで、WALT Latency Timerで計測したタッチレイテンシーは48.5msでした。

Widevine L1で、Amazonプライムビデオ (ベータ版) などでHD画質でのストリーミング再生ができます。

ディスプレイ

右側面にはUSB3.1 Gen 2ポートが搭載されており、DisplayPort Alt Modeでの映像出力もできます。

最大45Wでの急速充電に対応しています。

Doby Atmos対応のステレオスピーカーです。

USB Type-C

3.5mmイヤホンジャックもあるので、有線イヤホンでの遅延の少ない音楽再生・ゲームプレイを楽しめます。

3.5mmイヤホンジャック

下側面にはmicroSDカードスロットがあり、容量追加ができます。

下側面

原神を最高画質・60FPS設定で動かしてWeTest PerfDogで計測すると、平均57.4FPSでした。

表示が一瞬途切れたようになる「ジャンク」が14とかなり少なく、フレームレートが高いだけでなく体感の滑らかさも良かったです。

原神

 

Lenovo Legion Tab Y700はJDにて3299CNY (約6.5万円)~で購入できます。

なお、Twitter広告などではゲームガジェット・ヴェルテ (ドゥモア)・舶来ガジェットのような詐欺または詐欺に近い危険サイトで売られているように見せかけた宣伝がはびこっていますが、購入してもほぼ届かないか半年以上遅れて発送されるため絶対に購入しないでください。

JDで購入すれば、メーカー直営店から綺麗な新品が5~7日ほどで届きます。

JDで購入する

GIZTOPで購入する

AliExpressで購入する

ETORENで購入する

京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 – AndroPlus
京東商城・京东 (JD.COM・ジンドン) での買い方・使い方を軽く紹介します。 最新中華スマホを定価で買える 中国のスマートフォンはかなりコスパが良いものの、国内展開していない製品は海外から輸入するほかなく、正規販売店がAliExpressなどにない場合は転売屋から買うことになってしまいます。…
京東 JD .comで中華スマホを購入する方法。新製品はメーカー直販が最安、日本配送も可能 - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。