Lenovo Tab P12 Proがグローバルで登場予定。Snapdragon 860、1600×2560解像度

Lenovo Tab P12 Pro

Snapdragon 870搭載のハイエンドタブYoga Tab 13を日本でも発売するLenovoですが、もう少し安めのタブレットを開発中のようです。


Snapdragon 860でコストカットか

今回Google Play Consoleにてデバイスカタログが更新されたことにより、Lenovo P12 Pro (TB-Q706F) が開発中であることが判明しました。

デバイスカタログに登録されるものは当然Google Playサービスを利用できるものばかりで、命名規則的にもグローバルで発売予定があるということになります。

Lenovo Tab P12 Pro

搭載SoCはSnapdragon 855とされていますが、4x Qualcomm Kryo 485(2900 Mhz)・4x Qualcomm Kryo 485(1700 Mhz)であることを考えるとSnapdragon 860を搭載しているというのが正しいかと思います。

Snapdragon 860は内部的には855と同じ名称が使われているため、対応周波数を見ないと正しく判別できません。

メモリは8GBで、ディスプレイの解像度は1600×2560となっています。

正面向きの画像も公開されており、中国向けの小新Pad Pro 2021 (Xiaoxin Pad Pro 2021) と同じような外観であることが分かります。

Lenovo Tab P12 Pro

ただ、Xiaoxin Pad Pro 2021はSnapdragon 870搭載のため、Lenovo P12 ProのSnapdragon 860とは合致していません。

また、Xiaoxin Pad Pro 2021はフロントカメラが8MP + 8MPで顔認証用赤外線カメラ付きでしたが、Lenovo P12 Proのレンダリング画像では1つしか搭載していないように見えます。

グローバル展開に合わせてコストカットされたのかもしれません。

 

そのほかの仕様はGoogle Play Consoleからは明らかになっていませんが、Xiaoxin Pad Pro 2021と大部分が同じだとすると

  • 11.5インチ OLEDディスプレイ
  • 90Hzリフレッシュレート
  • LPDDR5メモリ + UFS 3.1ストレージ
  • 8600mAh バッテリー
  • USB Type-C・USB 3.1 Gen1ポート
  • JBL クアッドスピーカー

といったスペックになります。

ここからどこまでコスト削減の対象になるのか、正式な発表を待ちましょう。

Snapdragon 870搭載のLenovo Yoga Tab 13は日本でも発売してくれたものの87,780円と高額で据え置き用途に特化したスタイルのため、手で持って使えるハイエンドタブレットの選択肢としてLenovo P12 Proを日本でも発売してくれれば良いですね。

Lenovo Yoga Tab 13日本発売!高性能S870にキックスタンド、HDMI入力も – AndroPlus
モニターにもなる高性能Androidタブレット、Lenovo Yoga Tab 13がついに日本でも発売されます! ついに高性能タブレットが日本市場に登場…
Lenovo Yoga Tab 13日本発売!高性能S870にキックスタンド、HDMI入力も - AndroPlus

Lenovo Tab P12 Pro発表。$609.99~でS870搭載・5G版あり、12.6インチAMOLEDタブレット – AndroPlus
ハイエンドなAndroidタブレット、Lenovo Tab P12 Proが発表されました。 JBLスピーカーに120Hz AMOLED、microSDカード対応も 2021年に入ってAndroidタブレットの存在価値がようやく見直され、様々なメーカーからハイエンドなタブレットが次々と登場しています。…
Lenovo Tab P12 Pro発表。$609.99~でS870搭載・5G版あり、12.6インチAMOLEDタブレット - AndroPlus

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。