MATECH Sonicharge Flat 65W充電器レビュー。厚み15.5mm、薄型で持ち運びやすいUSB PD & USB-A 2ポート

MATECH Sonicharge Flat 65W充電器レビュー。厚み15.5mm、薄型で持ち運びやすいUSB PD & USB-A 2ポート

評価: 5

MATECH Sonicharge Flat 65W充電器をいただきました。


65Wで超薄型なUSB PD充電器

MATECH Sonicharge Flat 65WはUSB Type-CとUSB Type-A 各1ポートずつ搭載した充電器です。

一般的なノートPCも急速充電できる65W出力対応でありつつも、かなり薄型・軽量なため持ち運びの際に邪魔になりにくいです。

  • 平べったいコンパクト形状
  • USB PD65W / PPS 55W対応
  • 折りたたみ式プラグ
  • 他のACアダプターと干渉する場合がある

箱

MATECH Sonicharge Flat 65W
サイズ 約 90 × 48 × 15.5mm
重さ 実測98.7g
USB Type-C出力 (65W) 商品説明:5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/3.25A、PPS詳細記載なし
実際のPDO:5V/3A、9V/3A、12V/3A、15V/3A、20V/3.25A、PPS 3.3~11V/5A
USB Type-A出力 5V/3A、9V/2A、12V/1.5A
ポート数 USB Type-C x1
USB Type-A x1

本体

充電器本体が収められている部分を持ち上げると、USB Type-C to Cケーブルが入っています。

ケーブル

USB Type-C x1、USB Type-A x1の合計2ポートです。

ポート

指紋が付きにくい加工がされているので、見た目が汚くなりにくいです。

折りたたみ式プラグのおかげで持ち運び時に他のものに当たりにくくなっています。

菱形PSEマークも書かれています。

折りたたみ式

重さは98.7gでした。

薄型軽量ですし、持ち運び用途にぴったりです。

98.7g

壁のコンセントに差し込むと下側にUSBポートがくるため、ケーブルが飛び出て見た目が汚くなることがありません。

小さいタイプなら大丈夫なのですが、ACアダプターなどサイズによっては他のものを一緒に差し込みにくくなることがあります。

コンセント

問題なし

Cold Socket (非Vbus Hot) –

USB Type-Cの規格では、機器が接続されたことを確認してからVbusに電圧をかけるよう定められています。

この充電器は機器が接続されていない状態ではVbusに電圧をかけておらず、規格に適合した動作をしています。

Bridged CCs –

USB Type-Cポートは別個のRpでプルアップされています。

e-MarkedケーブルでもSinkの接続を検出できるため、問題なく充電できます。

PDO –

仕様とTotal Phase USB Power Delivery Analyzerで確認した実際に通知されているPDOは一致していました。

PPSも使えるため、新しめのスマホでも効率の良い急速充電ができます。

PDO

高速充電規格 –

USB Type-CポートではUSB PD以外の急速充電規格であるQuick Charge 2.0/3.0などに対応しているため厳密には規格違反です。

Quick Charge 2.0/3.0だけでなくSamsungやHUAWEIの急速充電規格も含まれているので、古い機種でも高速充電できます。

急速充電

まとめ

  • 平べったいコンパクト形状
  • USB PD65W / PPS 55W対応
  • 折りたたみ式プラグ
  • 他のACアダプターと干渉する場合がある

薄っぺらい形で持ち運びやすさが増しているにもかかわらず、USB PD 65W出力ができるためスマホやタブレットはもちろんノートPCも急速充電できます。

Amazonでは2022/05/29現在5,200円で販売されており、5%オフクーポンが配布されています。

Amazonで購入する

USB Type-C製品のレビューが役立った場合、私のほしい物リストから何か贈っていただけると嬉しいです。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。