AliExpress WW

Xiaomi、FeliCa搭載Mi 11 Lite 5Gをフライング発表!スリムで超軽量、SDM780Gで普段使いに十分

この記事の賞味期限は切れています。掲載内容や情報が古い可能性があります。

Xiaomi、FeliCa搭載Mi 11 Lite 5Gをフライング発表!スリムで超軽量、SDM780Gで普段使いに十分

Xiaomi Japanが6月24日にMi 11 Lite 5Gを発表することを発表しました。…発表会とは?

超軽量ボディにFeliCa搭載

Xiaomi Japanは6月14日、6月24日の発表会でXiaomi Mi 11 Lite 5Gを発表することを明らかにしました。

発表された画像をよく見ると、背面右上にFeliCaロゴがあることが分かります。

XiaomiのFeliCa・おサイフケータイ搭載機種としてはRedmi Note 9Tがありますが、性能が低くサブスマホ止まりにしかなりませんでした。

Mi 11 Lite 5Gは税込43,800円で発売されることも既に公表されているため、まともなスペックでFeliCaが使える5Gスマートフォンとして人気になることは間違いなさそうです。

FeliCa

Mi 11 Lite 5Gはグローバル版仕様の場合はSnapdragon 780Gを搭載しており、競合となるOPPO Reno5 AのSnapdragon 765Gよりも高い性能を誇っています。

バリエーションは不明ですが、グローバル版と同じであれば6GB+128GBと8GB+128GBの2種類から選択でき、メモリはLPDDR4x、ストレージはUFS 2.2です。

カメラは64MP + 8MP (超広角) + 5MP (テレマクロ) です。

Mi 11 Lite 5G

グローバル版では厚み6.81mm、重さ159gとなっており、FeliCa搭載で多少増えるとしてもかなり軽量・薄型です。

6.55インチ FHD+のAMOLEDディスプレイを搭載しており、ここでもLCDのOPPO Reno5 Aを引き離すスペックとなっています。

リフレッシュレートも90Hzに対応し、滑らかな表示が可能です。

格安な機種だとガラスがダウングレードされることも多いですが、Mi 11 Lite 5Gには頑丈なCorning® Gorilla® Glass 6が採用されています。

AMOLEDではあるものの、画面内指紋認証ではなくサイドのセンサーでの認証となっています。

ディスプレイ

バッテリーは4250mAhで、33W急速充電に対応しています。

OPPO Reno5 Aは4000mAhで18W充電までなので、Mi 11 Lite 5Gのほうが使い勝手が良さそうです。

USB Type-C

後は対応バンドがどうなるかが焦点となります。

グローバル版では

  • 5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
  • LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/20/28/32/66
  • LTE TDD: 38/40/41
  • 3G WCDMA:1/2/4/5/8
  • 2G GSM:2/3/5/8

でしたが、もしSIMフリーになるのであればLTE B19などを追加してくるでしょう。

6月24日の正式発表が楽しみですね。

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。