Ryzen 7にE4 AMOLED搭載Mi Notebook Pro 15 2021発売中。PD 100W充電、35分で50%充電可

Ryzen 7にE4 AMOLED搭載Mi Notebook Pro 15 2021発売中。PD 100W充電、35分で50%充電可

Ryzen 7を搭載したMi Notebook Pro 15 2021がAliExpressにて発売されています。


Zen3世代でパワフルに

Xiaomiといえばスマートフォンが有名ですが、実はノートパソコンもいくつか発売しています。

コスパの良さはノートパソコンでも健在で、Mi Notebook Pro 15 2021は10万円台でありながらもノートPC向けではかなり珍しいE4素材・3456 x 2160解像度・アスペクト比16:10のAMOLEDディスプレイを搭載しており、Zen3のAMD Ryzen 7 5800H、16GB DDR4 3200MHz メモリに512GB PCIe SSDを搭載しています。

E4 AMOLEDはSamsung製でハイエンドスマホでの採用が広まっていますが、ノートPCではほとんど採用例がありません。

600nits、コントラスト比1,000,000:1、ΔE≈1とかなり性能が高く、DisplayHDR 500認証も受けています。

E4 AMOLED

すべての個体でキャリブレーションされており、ICCプロファイルも付属しているそうです。

ICC

8コア16スレッド、最大4.4GHz、TDP 45WのRyzen 7 5800Hを搭載しており、普段使いはもちろん写真編集などでも高い性能を発揮できます。

8GBメモリなど妥協したモデルはなく、メモリは16GB、ストレージは512GBと十分です。

ネットワーク面ではWi-FI 6対応のため高速に通信できます。

Ryzen

冷却ファンは2つ搭載されています。

ゲームモードやサイレントモードを選択でき、冷却ファンを動かしたくないときはキーボードショートカットで抑えられます。

スピーカーは2W x2です。

冷却ファン

左右にUSB Type-Cポートがあり、USB PD 100Wでの超高速充電が可能です。

13時間の動画再生が可能な66Whrバッテリーを搭載しており、たった35分で50%まで再充電できます。

もちろんUSB Type-CポートからDisplayPort Alt Modeで映像出力することもでき、最大4画面まで出力できます。

バッテリー

USB Type-Cポート3つと3.5mmイヤホンジャックがあります。

厚みは15.9mm、重さは1.8kgです。

重さ

USキーボードなのでかな表示がなくすっきりとしています。

キーボード

キーボード右上には指紋認証センサーがあり、Windows Helloで利用できます。

指紋認証センサー

AliExpressで販売されているモデルではWindows 10 Pro 英語版がインストールされているそうです。

$1,375.99で購入できます。

Ryzen版を購入する

ちなみにIntel Core i7-11370H/i5-11300H、MX450を搭載したモデルもあります。

Intel CPU搭載モデルではUSB Type-Cポートのうち1つがThunderbolt 4となっています。

こちらは$1,245.85~で購入できます。

Intel版を購入する

GIZTOPで購入

Banggoodで購入

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。