OBSBOT Tiny 4Kウェブカメラレビュー。4K@30fps対応、AI顔追跡やオートフォーカスで便利

設置

OBSBOT Tiny 4Kウェブカメラをいただきました。


顔追跡やズームをジェスチャー操作でできる

OBSBOT Tiny 4Kはその名の通り4K解像度対応のウェブカメラです。

4K@30fps、1080p@60fpsモードを利用でき、オートフォーカスやHDR、自動スタンバイなど色々な便利機能を搭載しています。

OBSBOT Tiny 4K

付属品はUSB Type-C to Cケーブル、USB Type-C to A変換アダプター、USB-A to DC 給電ケーブル、マグネット台、収納ケース、マニュアルです。

なお、USB Type-C to A変換アダプターはUSB Type-C規格 (USB Type-C Specification Release 1.3, Section 2.2) で許可されていないものなので、OBSBOT Tiny 4K以外では使わない方が良いと思います。

付属品

OBSBOT Tiny 4Kは台座部分とウェブカメラ部分が分離しています。

台座にマグネットがあるので、置くだけで簡単にくっつきます。

マグネット

ウェブカメラ本体の底面には三脚用のネジ穴もあるので、モニターの上に置けない場合などはマグネット台を使わず、三脚を使うこともできます。

滑り止めのゴムが付いているため、そのまま机の上に置いても大丈夫です。

ネジ穴

USB Type-CケーブルまたはDCケーブルで給電できます。

USB Type-Cケーブル使用時は3W程度の消費でした。

USB Type-C

使用中は前面のLEDライトが光って分かるようになっています。

設置

カメラを下向きにすることで映像をオフにできます。

ビデオ通話ソフトの映像オフボタンを押していられない急ぎの時や、誤操作対策で絶対に映したくないときなどに便利です。

オフ

手を見せるジェスチャーでAI顔追跡をオンにできます。

かなりスムーズに追跡して動いてくれるので、広い会議室で動きながら説明する場合などに役立ちそうです。

ただ、顔を下向きにした時も追従して下向きになってしまうので、テレワークで上だけ整えてズボンはテキトーにしているような場合には注意が必要です。

また、手をL字型にするとズーム・ズームアウトもしてくれます。

こちらからダウンロードできるOBSBOT TinyCamをインストールすることで、より詳細な設定ができます。

ファームウェアのアップグレードもOBSBOT TinyCamででき、出荷時よりも使える機能が増えます。

ソフト

カメラを使っていなければスリープして省電力にする自動スリープ機能、ジェスチャー操作のオンオフ、HDRやオートフォーカスのオンオフなどができます。

機能

追跡モードをモーションモードにすれば高速な動きでも追従できるようになるので、ダンスレッスンなどビデオ会議以外の用途にも便利そうです。

OBSBOT Tiny 4KはAmazonにて2022/03/19現在30,599円で販売されています。

公式サイトで購入する

はてブ Pocket Mastodon タイトルとURLをコピー
カテゴリ: ,


コメントフォーム右上の「ログイン」メニューで各種SNSアカウントでログインできます。
匿名でコメントしたい場合は、名前とメールアドレスを入力した後「アカウントを作成せず投稿する」にチェックを入れてください。Disqusに登録すると、返信通知を受け取れます。

当サイトで紹介するMODやアプリなどの内、システムファイルの改変やシステムに深く関わるものはroot化やリカバリが必須となります(root化の必要なしと明記している場合は除く)。導入はバックアップを取ってから自己責任で行ってください。また、技適の無い機器の使用は自己責任です。